地震 三重。 三重県の地震活動の特徴

三重県の地震

🍀 溺れる者もあったが、如何ともする術がなく、これらの有り様を眺めていた避難民はじだんだ踏んで泣き叫んだ」と、その時の凄まじい様相がつづられています。 1707年10月28日 (宝永4) (宝永地震) 8.6 南海トラフ沿いの巨大地震。

3

地名公表 M9.1南海トラフ巨大地震 生存率0%の街はここだ!(1) (2012年9月13日)

📱 ) 1361年8月3日 (正平16) 畿内・土佐・阿波 8 1/4~8.5 (南海トラフ沿いの巨大地震。 畿央地域については、1854年7月の地震以降、マグニチュード7クラスの地震の記録はありません。

19

県域に大被害、安政元年の2地震

👎 ) 1096年12月17日 (永長1) 畿内・東海道 8.0~8.5 東海沖の巨大地震と考えられる。

7

地名公表 M9.1南海トラフ巨大地震 生存率0%の街はここだ!(1) (2012年9月13日)

😃 地震等に対する安全性 三重・畿央地域は、東京と同時に地震被害の可能性が極めて少ないと考えます。 気象庁、防災科学技術研究所、大学などの地震観測データに基づく震源・震度に関する情報です。

地名公表 M9.1南海トラフ巨大地震 生存率0%の街はここだ!(1) (2012年9月13日)

♥ 沿岸部で津波による溺死者多数。 また、県内に被害を及ぼす可能性のある海溝型地震には、があります。

緊急地震速報システム

🤔 1605年2月3日 (慶長9) (慶長地震) 7.9 南海トラフ沿いの巨大地震。

5

三重県南東沖の深発地震で異常震域 南海トラフ地震とは別要因(ウェザーニュース)

🤪 内閣府の東海地震対策のページです。 海から山に至る多彩で豊かな自然に恵まれている地域で、都市の近くにおいても自然と親しめる地域です。 ひずみがたまっているとみられ、今回の地震がこれらの地域を刺激する可能性もある」との見解を示した。

3

戦時下の三重県に大きな被害、東南海地震

🍀 子機複数台(1:N にて使用可能 CATVによる緊急地震速報システムの特徴• 「今回発表された数字の条件は、多くの人が寝静まった冬の深夜、秒速8メートルの風が吹いている状況で、東海地方を中心に被害を及ぼすM9. そのため、場合によっては車を使うことも考えるべきなのです。

3

県域に大被害、安政元年の2地震

☯ 地震発生のしくみ、地震調査研究推進本部の取組などを解説した各種パンフレットです。 沿岸部に津波来襲。

2