栃木 県 時短 要請。 栃木県/新型コロナウイルス感染拡大防止営業時間短縮協力金について

時短要請1時間緩和へ 栃木県、協力金は1日6→4万円に減額|県内主要,社会,政治行政|下野新聞「SOON」ニュース|新型肺炎

⚐ 申請期限:8月2日 月 消印有効• 茨城県は独自の緊急事態宣言と時短要請を28日まで続ける。 申請期限:7月26日 月• 申請期限:7月21日 水• 支給額 対象期間 1 の場合 1店舗あたり 144万円 対象期間 2 の場合 1店舗あたり 138万円 対象期間 3 の場合 1店舗あたり 72万円 詳細は、以下のサイトをご確認ください。

時短営業要請 21日で解除 栃木県、外出自粛要請は維持 (下野新聞)

🔥 (2月8日 10:00時点での情報です。 対象地域:大分県全域。 協力金の支給事務は各市町村で行う予定です。

6

時短営業要請 21日で解除 栃木県、外出自粛要請は維持 (下野新聞)

⚠ 協力金の1日当たりの金額は協力金の額は施設(店舗)ごとに算出。 申請期限:7月15日 木• 詳細が決まりましたら、改めて県ホームページでご案内します。

6

時短営業要請 21日で解除 栃木県、外出自粛要請は維持 (下野新聞)

😍。 申請期限:10月29日 金 17時必着• カラオケ設備の利用を終日自粛(飲食を主たる業としている店舗のみ)• 【カラオケ設備利用自粛要請枠】飲食店等 1日あたり1万円、カラオケ店 1日あたり2万円。 栃木県では新型コロナウイルス対策の特別措置法に基づく緊急事態宣言が2021年2月8日、解除されました。

時短要請 21日で解除 栃木県内、外出自粛は継続 新型コロナ 警戒度「厳重注意」|社会,県内主要|下野新聞「SOON」ニュース|新型肺炎

☎ 要請内容 重点措置区域• 8月中旬を目途に申請受付を開始する予定です。 中小企業等は、「売上高方式」か「売上高減少方式」を選択できます。

10

「実質的に休業と同じ」 夜の街に困惑、諦め 栃木県の飲食店時短要請 新型コロナ|社会,県内主要|下野新聞「SOON」ニュース|新型肺炎

🙌 申請期限:7月15日 木 当日消印有効• 要請期間:5月12日から5月31日まで。

5

時短要請1時間緩和へ 栃木県、協力金は1日6→4万円に減額|県内主要,社会,政治行政|下野新聞「SOON」ニュース|新型肺炎

😃 支給金額は対象期間・対象エリア等により異なります。 提出書類 以下の書類を、A4サイズでコピーして御提出ください。

18

都道府県別、休業・時短要請の期間・協力金の一覧

✋ 要請期間B:5月9日から5月31日まで(まん延防止等重点措置期間)。 申請は1回のみ。 申請店舗における飲食事業売上高を基に、1日あたりの支給単価を計算します。