ピース サイン 歌詞。 米津玄師 ピースサイン

米津玄師

🤞 君の心を感じ、君と共に歩んでいきたいのでしょうか。 しかし今回は!!ピースサインの作中だけの音楽では収まらないと考え、 「もしも米津玄師さんが『ピースサイン』を自分自身と重ね合わせて作っていたとしたら」 という仮定で考察してみたいと思います! あくまでも勝手な解釈ですので、こういった捉え方もあるんだなぁと感じていただければ幸いです。 自分のあり方を求めて、周りに反発したりしてもがいていたのでしょうか。

10

【米津玄師/ピースサイン】の歌詞の意味を徹底解釈

👀 時代は変わるし、社会も変わるけど、子供が感じることには普遍的な何かがあると思うし、「ピースサイン」はちゃんと今の子供に届く曲になったんじゃないかなと。 いろんなアニメを楽しみに観ていた自分に対して、26歳になった自分が「こういう曲ができたんですけど、どうですか?」って。

18

米津玄師 ピースサイン

⚛ 歌手: 作詞: 作曲: いつか僕らの上をスレスレに 通り過ぎていったあの飛行機を 不思議なくらいに憶えてる 意味もないのに なぜか 不甲斐なくて泣いた日の夜に ただ強くなりたいと願ってた そのために必要な勇気を 探し求めていた 残酷な運命が定まってるとして それがいつの日か僕の前に現れるとして ただ一瞬 この一瞬 息ができるなら どうでもいいと思えた その心を もう一度 遠くへ行け遠くへ行けと 僕の中で誰かが歌う どうしようもないほど熱烈に いつだって目を腫らした君が二度と 悲しまないように笑える そんなヒーローになるための歌 さらば掲げろピースサイン 転がっていくストーリーを 守りたいだなんて言えるほど 君が弱くはないのわかってた それ以上に僕は弱くてさ 君が大事だったんだ 「独りで生きていくんだ」なんてさ 口をついて叫んだあの日から 変わっていく僕を笑えばいい 独りが怖い僕を 蹴飛ばして噛み付いて息もできなくて 騒ぐ頭と腹の奥がぐしゃぐしゃになったって 衒いも外連も消えてしまうくらいに 今は触っていたいんだ 君の心に 僕たちは きっといつか遠く離れた 太陽にすら手が届いて 夜明け前を手に入れて笑おう そうやって青く燃える色に染まり おぼろげな街の向こうへ 手をつないで走っていけるはずだ 君と未来を盗み描く 捻りのないストーリーを カサブタだらけ荒くれた日々が 削り削られ擦り切れた今が 君の言葉で蘇る 鮮やかにも 現れていく 蛹のままで眠る魂を 食べかけのまま捨てたあの夢を もう一度取り戻せ もう一度 遠くへ行け遠くへ行けと 僕の中で誰かが歌う どうしようもないほど熱烈に いつだって目を腫らした君が二度と 悲しまないように笑える そんなヒーローになるための歌 さらば掲げろピースサイン 転がっていくストーリーを 君と未来を盗み描く 捻りのないストーリーを. 残酷な運命に立ち向かうため、あるいは弱い自分がなんとかして大事な人たちを守るためでしょうか。

ピースサイン 歌詞/米津玄師

✍ この歌で理想のヒーローとして描かれているのは、まさにこのオールマイトの姿でしょう。

8

米津玄師「ピースサイン」歌詞の意味を考察!アニメ「僕のヒーローアカデミア」主題歌

☣ 過去のヒーローに憧れていた自分と今の自分との気持ちが重なり、 青い炎のように熱い気持ちを持ちながら未来へ向かっていく様子が思い浮かびます。 本当は独りになるのが怖くて仕方なかったのです。 そうやって必要なものを探し求めていたのかもしれません。

1

ピースサイン 米津玄師 歌詞情報

😭 そんな彼が平和の象徴で圧倒的強さを誇るオールマイトに憧れ、ヒーローを目指すという人気アニメです。 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師 いつか僕らの上をスレスレに 通り過ぎていったあの飛行機を 不思議なくらいに憶えてる 意味もないのに なぜか 不甲斐なくて泣いた日の夜に ただ強くなりたいと願ってた そのために必要な勇気を 探し求めていた 残酷な運命が定まってるとして それがいつの日か僕の前に現れるとして ただ一瞬 この一瞬 息ができるなら どうでもいいと思えた その心を もう一度 遠くへ行け遠くへ行けと 僕の中で誰かが歌う どうしようもないほど熱烈に いつだって目を腫らした君が二度と 悲しまないように笑える そんなヒーローになるための歌 さらば掲げろピースサイン 転がっていくストーリーを 守りたいだなんて言えるほど 君が弱くはないのわかってた それ以上に僕は弱くてさ 君が大事だったんだ 「独りで生きていくんだ」なんてさ 口をついて叫んだあの日から 変わっていく僕を笑えばいい 独りが怖い僕を 蹴飛ばして噛み付いて息もできなくて 騒ぐ頭と腹の奥がぐしゃぐしゃになったって 衒いも外連も消えてしまうくらいに 今は触っていたいんだ 君の心に 僕たちは きっといつか遠く離れた 太陽にすら手が届いて 夜明け前を手に入れて笑おう そうやって青く燃える色に染まり おぼろげな街の向こうへ 手をつないで走っていけるはずだ 君と未来を盗み描く 捻りのないストーリーを カサブタだらけ荒くれた日々が 削り削られ擦り切れた今が 君の言葉で蘇る 鮮やかにも 現れていく 蛹のままで眠る魂を 食べかけのまま捨てたあの夢を もう一度取り戻せ もう一度 遠くへ行け遠くへ行けと 僕の中で誰かが歌う どうしようもないほど熱烈に いつだって目を腫らした君が二度と 悲しまないように笑える そんなヒーローになるための歌 さらば掲げろピースサイン 転がっていくストーリーを 君と未来を盗み描く 捻りのないストーリーを ituka boku ra no ue wo suresure ni too ri su gi te ixtu ta ano hikouki wo husigi na kurai ni obo e teru imi mo nai noni nazeka hugai naku te na i ta hi no yoru ni tada tuyo ku nari tai to nega xtu te ta sonotame ni hituyou na yuuki wo saga si moto me te i ta zankoku na unmei ga sada maxtu teru tosite sore ga itu no hi ka boku no mae ni arawa reru tosite tada issyun kono issyun iki ga dekiru nara doudemo ii to omo e ta sono kokoro wo mou itido too ku he i ke too ku he i ke to boku no naka de dare ka ga uta u dou siyoumonai hodo neturetu ni itu datte me wo ha rasi ta kimi ga hutatabi to kana sima nai you ni wara eru sonna hi-ro- ni naru tame no uta saraba kaka gero pi-su sain koro gaxtu te iku suto-ri- wo mamo ri tai da nante i e ru hodo kimi ga yowa ku ha nai no wakaxtu te ta sore izyou ni boku ha yowa ku te sa kimi ga daizi daxtu ta n da 「 hito ri de i ki te iku n da 」 nante sa kuti wo tui te sake n da ano hi kara ka waxtu te iku boku wo wara e ba ii hito ri ga kowa i boku wo keto basi te ka mi tu i te iki mo deki naku te sawa gu atama to hara no oku ga gusyagusya ni naxtu ta tte tera i mo keren mo ki e te simau kurai ni ima ha sawa xtu te i tai n da kimi no kokoro ni boku tati ha kitto ituka too ku hana re ta taiyou ni sura te ga todo i te yoa ke mae wo te ni i re te wara o u souyaxtu te ao ku mo eru iro ni so mari oboroge na mati no mu kou he te wo tunai de hasi xtu te ikeru hazu da kimi to mirai wo nusu mi ega ku hine ri no nai suto-ri- wo kasa buta darake ara kure ta hibi ga kezu ri kezu ra re su ri ki re ta ima ga kimi no kotoba de yomigae ru aza yaka ni mo arawa re te iku sanagi no mama de nemu ru tamasii wo ta bekake no mama su te ta ano yume wo mou itido to ri modo se mou itido too ku he i ke too ku he i ke to boku no naka de dare ka ga uta u dou siyoumonai hodo neturetu ni itu datte me wo ha rasi ta kimi ga hutatabi to kana sima nai you ni wara eru sonna hi-ro- ni naru tame no uta saraba kaka gero pi-su sain koro gaxtu te iku suto-ri- wo kimi to mirai wo nusu mi ega ku hine ri no nai suto-ri- wo. 僕たちは きっといつか遠く離れた 太陽にすら手が届いて 夜明け前を手に入れて笑おう そうやって青く燃える色に染まり おぼろげな街の向こうへ 手をつないで走っていけるはずだ 君と未来を盗み描く 捻りのないストーリーを ひいらぎの解釈 僕たちは きっといつか遠く離れた 太陽にすら手が届くようになるだろう。 辛い時、苦しい時に自分自身を奮い立たせるために聞くのもいいと思いました。

ピースサイン 米津玄師 歌詞情報

⚡ 「あんなカッコいいミュージシャンに僕もなりたい!」 そうやって目をキラキラ輝かせていた頃の自分です。 たとえそうだとしても、何が起きても、一瞬一瞬を息ができているならどうでもいいと言っています。 僕らの続いていくストーリー。

1