ギマランイス 対 ポルト。 中島翔哉の活躍よりも…。ポルトFWが自ら退場を決断した理由、看過すべきでない人種差別の現実(フットボールチャンネル)

ポルト近郊日帰り旅行にオススメ、世界遺産のまち「ギマランイス」 ポルトガル/ポルト特派員ブログ

🙌 それでも自力に勝るポルトは60分にDFからのロングパスを受けたマレガがワントラップから飛び出してきたGKの動きを冷静に見極めボールをゴールに流し込み決め勝ち越しに成功する。

5

ポルトからギマランイスへの最も安い行き方とチケットの買い方

😄 アフォンソ・エンリケス FCポルトの日本代表MF中島翔哉が2月16日、アウェーでのポルトガル1部リーグ21節・ヴィトーリア・ギマランイス戦に84分から途中出場し、リーグ5試合ぶりにピッチに立った。

6

中島翔哉のポルトFWが人種差別行為に失意の自主交代「全員が家族。不幸だ」とコンセイソン監督怒る

⚑ アンゲリカ(1573年 - 1576年)• 試合は開始10分、左サイドからのクロスにオリベイラがボレーシュート、バーに当たるも跳ね返ったボールがGKに当たりそのままゴールイン、幸運な形でポルトが先制する。

4

【ポルトガル】個人手配でポルトから日帰りブラガ&ギマランイス観光。大丈夫、バスは絶対来るから。ポルトガル女子ひとり旅。

📲 また、イエローカードを提示した主審に対しては、「あんたとは2度とサッカーのピッチで合わないことを願っているよ」と綴った。 ポルト滞在中の日帰り旅行の行き先として名前があがるまちのひとつですが、 このまちが注目を集める理由は、ポルトガル初代国王アフォンソ・エンリケスが誕生したまちだからです。 ポルトは現地16日、ポルトガルリーグ第21節でヴィトーリア・ギマランイスに2-1で勝利を収めた。

1

中島翔哉の活躍よりも…。ポルトFWが自ら退場を決断した理由、看過すべきでない人種差別の現実(フットボールチャンネル)

😩 被害を受けて怒ったポルトのFWムサ・マレガはプレー続行を拒否して交代した。 それでも自力に勝るポルトは60分にDFからのロングパスを受けたマレガがワントラップから飛び出してきたGKの動きを冷静に見極めボールをゴールに流し込み決め勝ち越しに成功する。 敵地のギマランイス戦。

3

中島翔哉の活躍よりも…。ポルトFWが自ら退場を決断した理由、看過すべきでない人種差別の現実

👋 ギマランイスはポルトガル北部の都市で歴史地区の町が世界遺産に登録されています。 マレガはギマランイスでもプレーしていたことがあるんだから…でも、あのスタジアムで人種差別的なことが起こるのは今回が初めてではない」とも証言する。 これが我々にとってスポーツと社会の差別を根絶できる唯一のアプローチだ」とファンによる人種差別を受け入れない姿勢を明確にした。