追いつけ ない まま 大人 に なっ て 歌詞。 ヨルシカ。ただ君に晴れ。の歌詞考察

ヨルシカ ただ君に晴れ 歌詞

☣ あの夏の僕らと大人になった僕ら 夜に浮かんでいた 海月のような月が爆ぜた バス停の背を覗けば あの夏の君が頭にいる だけ ヨルシカ ただ君に晴れ 作詞n-buna 夜空に浮かぶ海月のような月を見たことで、あの夏の君が思い出されます。 もう、君の思い出を詳しく思い出すことができない。

5

【歌詞考察】ヨルシカ「ただ君に晴れ」

🚀 私の中の君を溶かしてしまえってどういう意味なんだろうね。 また、知っている方はMVをご覧いただくと気付くかもしれませんが、本楽曲は宮沢賢治の 『よだかの星』と世界観がリンクしています。

17

【ヨルシカ】「ただ君に晴れ」考察してみた

💋 こんな素敵な曲を世に生み出してくれたn-bunaさんに感謝を。 ノスタルジー=時間や時代を懐かしむ気持ち 「僕」のあの頃に焦がれる気持ちがわかりますね。

5

逝かないで欲しかったな... ヨルシカ「ただ君に晴れ」の歌詞の意味を徹底解釈

🤟 俯いたまま大人になった 君が思うまま手を叩け 陽の落ちる坂道を上って 僕らの影は ヨルシカ ただ君に晴れ 作詞n-buna 君が思うまま手を叩け=気持ちに素直で、無邪気な君に戻ってくれ 陽の落ちる坂道を上って=坂道に落ちていく陽に追いつこうと上る(しかし陽は落ち、辺りはすっかり夜になる) つまり、 陽=子供の頃を求めども、手に入れられず、すっかり夜=大人になっていく。 俯いたまま大人になって 追いつけない ただ君に晴れ 口に出せないまま坂を上った 僕らの影に夜が咲いていく ヨルシカ ただ君に晴れ 作詞n-buna 過去にとらわれながら、大人になって周りに追いつけない。 このサビの部分には 変わってしまった大人の「君」と、「僕」が追慕する無邪気な頃の「君」、の対比が描かれています。

17

追いつけ ない まま 大人 に なっ て 歌詞

🐝 凄い良い曲。 泣ける。 音楽がもっと好きになる。

Lyrics ヨルシカ

👈 いいですよね…この曲、、大好きです! -- レモン 2015-09-02 18:49:52• けど、あえて「海月のような」と比喩を用いているのには、ちゃんと理由があると思う。

16