ラグビー 福岡。 東京五輪をあきらめて…「究極の文武両道」ラグビー福岡堅樹は医学部受験へ、どんな毎日を送っている?

福岡堅樹

💋 また、ベストフィフティーンにも選出された。 前半30分、敵陣ゴール前左タッチライン際でスタンドオフの松田力也からの飛ばしパスをもらってフィニッシュ。 50mを5秒8で走るその足は、世界でもなかなか見られない。

19

福岡堅樹、引退試合で優勝して「ほっとした」。同僚は軽妙なやり取り。【ラグビー旬な一問一答】(向風見也)

⚠ さらに、続くでも、筑波大学初となる同大会準優勝に貢献した。

6

ラグビー福岡堅樹「らしい」東京五輪断念 記者が感じた独特の価値観|【西日本スポーツ】

🤭 20日、2019年ラグビーW杯日本代表の福岡堅樹が、自身のツイッターで順天堂大学医学部に合格したと報告しました。 限られた時間をいかに有効に使うかを意識した。 頑張って欲しい。

15

【順大医学部合格】福岡堅樹は「お風呂で計算問題」 両親が語る文武両道ラガーマンの原点とは

😀 コンディションの調整が難しかった部分もあると思います。 「福岡は医者の家系に生まれ育ち、高校卒業後に医学部を目指しましたが、受験に失敗。 ただ、トータルのパフォーマンスでは足りない部分もある。

6

nanairo

🖖 7人制では16年リオ五輪に出場し、4強入りに貢献。

ラグビー福岡堅樹が明かす医学部受験。化学が得意、勉強は「超集中型」|ラグビー|集英社のスポーツ総合雑誌 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva

⚐ 福岡堅樹 ラグビー選手/日本代表 ラグビー選手、福岡堅樹にはある夢があった。 もうちょっとできるやろうなぁとは思いますけど、いち早く医者になって欲しいなという思いも僕らは持っているので。 本当にありがとうございました!」とつづった。

5