外務 省 機密 費 横領。 小泉政権と公明党を直撃する一大スキャンダル 【さらば外務省!より】

松尾克俊の今現在や外務省機密費流用事件の真相とは?[アンビリバボー]

🔥 このため帳簿上の残高はマイナスとなっている。

16

小泉政権と公明党を直撃する一大スキャンダル 【さらば外務省!より】

😝 1988年6月-課長補佐• ところが週刊誌の報道によって直接カネに触るといつ何時表ざたになって傷がつくか分からなくなった。

16

国家のタブー「10億円の機密費横領」に挑んだ刑事たちの挽歌(清武 英利)

✇ 外務省の常態と化した公金流用は在外公館でも発覚した。 館員がお茶代などのために積み立てる福利厚生積立金が、何百万円などという巨額になるはずがない。 警察もその点を考慮して元室長の個人犯罪となる詐欺事件として立件したのだ。

19

特報・機密費:外務省から官邸へ年20億 上納システムが判明

😭 1970年5月-経済協力開発機構日本政府代表部三等理事官• 総理の外遊時の経費です」 使い込んだ金は、男が官邸から預かった「機密費」の一部だったのである。

14

国家のタブー「10億円の機密費横領」に挑んだ刑事たちの挽歌(清武 英利)

😝 今でもそうだが、肝心の大臣と、大臣を総監督するべき首相の行政事務の監査が全く無い中では、歳出処理は幹部級公務員のやりたい放題である。

16

特報・機密費:外務省から官邸へ年20億 上納システムが判明

👊 イニシャル報道だったためウヤムヤになったが、新党大地の鈴木宗男代表が著書「闇権力の執行人」(06年発行)でこの記事を取り上げ、「S課長」は杉山氏だと断定している。 そして外遊終了後に偽造領収書で帳尻を合わせ 経費として計上してその分を着服。

2

特報・機密費:外務省から官邸へ年20億 上納システムが判明

💋 政治性が強く野党から攻撃されやすい官房機密費の増額を表向き抑制し、外交機密費 の伸び分を官邸が裏で吸い上げていたとみられる。 会計 検査院が上納について「知らぬ存ぜぬ」を通していることに対しては「検査院の職員は毎 年、外務省に乗り込んできて、官房長官あてに機密費を出した証拠書類を見ている。