監督 指針。 アクチュアリー第2次試験対策(監督指針の改正)

法令・指針等:金融庁

⚒ III -2-3-4-4-3-2 監督上の対応• III -4-1 営業拠点等の取扱い• IV -1-6 免責事由• VIII -4-1 意義• III -6-4-1 意義• III -3-9-2 主な着眼点• 個人向け国債の勧誘・販売に関するQ&A• III -2-2 収益性の改善• III -2-3-4-4-3 流動性カバレッジ比率規制に関する監督上の措置• II -5-2 行政手続法との関係等• III -3-2-6 監督手法・対応• III -3-6 事務リスク• III -3-1-3-1 取引時確認等の措置• VIII -5-2-3 銀行代理業者の原簿の閲覧に係る留意事項• III -6-1 総論• II -1-3 品質管理• 金融商品取引業等に関するQ&A• さらに、特定保険契約の内容が顧客の属性等に適合することの合理的根拠があるかどうかの検討・評価を行うことが必要である。

11

中小企業庁:「事業協同組合等の共済事業向けの総合的な監督指針」の一部改正及び「共済事業を行う事業協同組合等に係る検査マニュアル」の改正について

⚛ II -1-5 預金保険機構が行う検査との連携• III -2-17 ソルベンシー・マージン比率の計算• その他ガイドライン• VIII -3-2-3-2 不許可の場合の取扱い• VIII -3-2-3-1-2 許可申請者への通知• II -2-1-5 計画の進捗状況の報告等• II -4-2 保険募集管理態勢• III -3-5-2-2 主な着眼点• IV -1-11 法人等向け保険商品の設計上の留意点• III -2-5 契約条件の変更• V -5-1 保険仲立人の手数料等の開示• III -3-9-1-2 システム統合リスクの「リスク特性」とリスク軽減策• III -2-1-1-3 監督手法・対応• III -2-1-3-1 意義• III -1-2-1 監査役会設置会社である銀行の場合• また、顧客の属性等を的確に把握し得る顧客管理体制を確立することが重要である。 顧客本位原則を採択した金融事業者は、顧客本位の業務運営を実現するための明確な方針(以下「取組方針」といいます)を策定・公表することが求められています。 II -2-3 金融サービス利用者相談室で受け付けた情報のうち、いわゆる貸し渋り・貸し剥がしとして提供された情報に係る監督上の対応• II -5-1-1 行政処分• 金融上の行政処分について• II -3-10 再保険に関するリスク管理• III -3-1-2 役員による法令等違反行為への対応• VIII -3-2-3 その他• III -2-1-2-3 マーケット・リスク規制の適用対象取引に関する内部管理等(19年3月期より適用)• III -8-4 事態の沈静化後における対応• IV -1-4 危険選択• IV -1-12 保険約款の規定による貸付に関する事項• III -5-1 基本的考え方• II -5-3 報酬体系• III -2-3-4-4-2-1 意義• II -4-5 顧客等に関する情報管理態勢• VII -3-3 グループベースの報告態勢• 信用格付業者向けの監督指針 本文( ・ ) 英語版( )• III -3-5-3-2-2 主な着眼点• III -8-3-2 災害における金融に関する措置(災害対策基本法等関係)• III -6-4 障がい者等に配慮した金融サービスの提供• II -3-2-4 外部委託• V -3-3-8 子会社等に係るその他の留意事項• II -3-8 資産負債の総合的な管理• 「事業協同組合等の共済事業向けの総合的な監督指針」の一部改正及び 「共済事業を行う事業協同組合等に係る検査マニュアル」の改正について 令和3年3月17日 リスク管理態勢の確立の重要性が増加していること、共済の多様化・複雑化に伴い共済募集時の契約者保護の強化が求められていること等を鑑み、「事業協同組合等の共済事業向けの総合的な監督指針」を一部改正し、また、既存の検査マニュアルにおける課題及び「事業協同組合等の共済事業向けの総合的な監督指針」の改正内容等を鑑み、「共済事業を行う事業協同組合等に係る検査マニュアル」の改正をいたしましたので、公表いたします。

10

2020.10.02 ■金融庁 「顧客本位/原則」改訂案、「監督指針」改正案を公表、「原則」の充実[2020年9月25日]

😋 III -2-3-4-1 意義• III -6-4-2 主な着眼点• 金融コングロマリット監督指針(令和元年12月18日廃止) 本文( ・ )• II -1-2 検査・監督事務の具体的手法• III -3-7-3-1 意義• III -2-3-2-4-2 主な着眼点• III -11-4-2 主な着眼点及び監督手法・対応• II -2-2 統合的なリスク管理等• IV -1-5 告知項目• III -7-1 意義• III -3-8-3 監督手法・対応• III -6-3 消費者向け貸付けを行う際の留意事項• V -1-13 役員又は使用人の届出書の添付書類• 具体的な金融商品・サービスの提案は、自らが取り扱う金融商品・サービスについて、各業法の枠を超えて横断的に、類似商品・サービスや代替商品・サービスの内容(手数料を含む)と比較しながら行うこと• III -1-6 個別保険会社に関する行政報告• VII -1-1 意義• III -6-3-2 主な着眼点• VII -1-6-1 子銀行の事業親会社等からの独立性確保の観点• III -2-3-4-4-3-1 監督手法• V -5-2 結約書• 顧客本位原則を採択し、取組方針を公表した金融事業者数 1,925社 自主的なKPIを公表した金融事業者数 990社 共通KPIを公表した金融事業者数 380社 顧客本位原則の概要 顧客本位原則は、ベスト・プラクティスを目指して顧客本位の良質な金融商品・サービスの提供を競い合い、より良い取組みを行う金融事業者が顧客から選択されていくメカニズムの実現を図るため、いわゆる 「プリンシプルベース・アプローチ」を採用しています。 III -3-3-3-1 意義• III -2-2-4 産業競争力強化法に関する金融機関の留意事項• III -2-3-2-2-1 意義• V -5-5 特定契約• III -3-1-6-2 正常な取引慣行に反する不適切な取引の発生の防止• VIII -3-2 許可申請に係る事務処理• III -3-4-1-2 主な着眼点• III -2-1-3-3 「区分等を定める命令」第2条第1項に規定する合理性の判断基準• II -1-4 財務局との連携• (4)不適当な販売・勧誘行為 顧客に対する不適当な販売・勧誘行為として、例えば、以下のような特定保険契約の販売・勧誘が行われていないか。 その後、金融事業者の取り組み状況や「原則」を取り巻く環境の変化を踏まえ、19年10月から市場WGが再開され、顧客本位の業務運営のさらなる進展に向けた方策について検討が行われ、「原則」の具体的内容の充実や金融事業者の取り組みの「見える化」の促進などに関する議論があり、「原則」の改訂案について提言が行われた。

7

2020.10.02 ■金融庁 「顧客本位/原則」改訂案、「監督指針」改正案を公表、「原則」の充実[2020年9月25日]

😆 顧客本位原則は、次の7つの原則と、各原則に付された(注)から構成されています。 VII -5-2 海外当局との連携によるグループ監督. III -2-1-4-4 その他• VII -3-6 グループベースの再保険に関するリスク管理• III -3-7 システムリスク• IV -1-3 商品名称(普通保険約款又は特約の名称)• VII -3-1 意義• III -3-7-3 金融機関相互のシステム・ネットワークの利用• また、顧客本位原則を受け入れる金融事業者であっても、すべての原則を実施することが求められているわけではなく、その理由や代替策を説明したうえで一部の原則を実施しないことも認められる 「コンプライ・オア・エクスプレイン」の考え方を採用しています。

法令・指針等:金融庁

😭 II -1-3 監督手法・対応• 実際、今回の改正については、 をご覧いただければ豊富な資料が公開されていますので、大いに活用したいですね。 VII -3-7 グループベースの資産運用リスク管理• III -2-3-2-1 信用リスク管理・総論• 保険会社向けの総合的な監督指針 令和2年12月• 次に、 資産クラスの配分比率に沿った最適な商品の組合せを選択するにあたり、複数の類似・代替商品同士の比較を行うことが掲げられています。

中小企業庁:「事業協同組合等の共済事業向けの総合的な監督指針」の一部改正及び「共済事業を行う事業協同組合等に係る検査マニュアル」の改正について

☯ III -10-3 監督手法・対応• III -2-1-1-2 主な着眼点• 市場WGの報告では、「顧客の属性や意向に反する取引や顧客の利益を犠牲にして業者の利益を追求する行為などの不適切な事例がいまだに見受けられる」「より良い取組を行う金融事業者が顧客から選択されていくメカニズムを実現していくためには、…「原則」の具体的内容の充実や新たな方策の導入により、プリンシプルベースによる対応の実効性をより一層高めていくことが望まれる 」「一方で、ベスト・プラクティスの対極にある不適切な事例に対しては、金融事業者が遵守すべき最低基準を定める法規制を適切に機能させるため、監督指針の改正により、ルールの適用についての明確化を図ることが必要」「プリンシプルベースの対応を基本としつつ、ルールベースの対応を適切に組み合わせることにより、顧客本位の業務運営の更なる進展を図るべき」とされていた。

5

法令・指針等:金融庁

😝 II -3-1 意義• III -1-1 検査・監督事務の進め方• そのうえで、その具体的な範囲は、顧客属性や投資目的、販売員の資格等によって異なるため、ある程度の類型化をしたうえでの対応をする必要があると考えられます。

20

2020.10.02 ■金融庁 「顧客本位/原則」改訂案、「監督指針」改正案を公表、「原則」の充実[2020年9月25日]

🚀 III -11-4 秩序ある処理等において金融システム上重要な業務の継続性を確保するための対応• 「金融事業者は、各原則(これらに付されている注を含む)に関して実施する内容及び実施しない代わりに講じる代替策の内容について、これらに携わる従業員に周知するとともに、当該従業員の業務を支援・検証するための体制を整備すべきである」。 II -3-4 グレーゾーン解消制度• III -3-2-4-6 報酬体系の開示(施行規則第19条の2第1項第6号、第19条の3第4号及び第34条の26第1項第5号関係)• II -2-4 預金口座を利用した架空請求等預金口座の不正利用に関する情報を受けた場合の対応• 今回ご紹介したポイントを含めて、監督指針をしっかりと読み込んで、アクチュアリー試験の早期合格を目指したいですね。 II -3-2-3 顧客等に関する情報管理態勢• III -2-2-2 収益性改善への取組みに係る主な着眼点• VII -3-5 グループベースの保険引受リスク管理態勢• II -2-5 市場リスク• III -3-3-4 外部委託• VII -2-1 意義• III -3-5-2-1 意義• 2.新旧対比表の作成 監督指針や実務基準等からの出題では、当然、改正点からの出題可能性が高く、かつ、どのような理由・背景等で改正されたのかも把握しておけば試験対策として有効でしょう。

2

金融商品取引業者等向けの総合的な監督指針:金融庁

✆ IV -4-1 基礎率変更権の設定について• いかがでしたか。