恋人ごっこ歌詞。 マカロニえんぴつ 恋人ごっこ 歌詞

マカロニえんぴつ 恋人ごっこ 歌詞

🖖 「もう一度あなたといられるのならきっともっともっとちゃんと ちゃんと愛を伝える」 という歌詞には「どうにもならない二人」の関係止まりで、終わってしまったことへの後悔が詰まっているのだと思います。 ダラダラと続いてしまった二人の関係を彼女は終わらせようとしますが、彼は形だけの「恋人」を演じていたはずの彼女に恋をしてしまったことで、踏ん切りをつけられずにいます。

1

恋人ごっこ 歌詞「マカロニえんぴつ」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

🤩。 こんな結末になるのなら「恋人ごっこ」で良いから、今だけ笑っていてほしいといっていた彼の想いも分かる気がします。

マカロニえんぴつ 恋人ごっこ 歌詞

🤣 むしろ、彼には、のちに大きな後悔と喪失感がこみ上げてくることは間違いありません。 TEXT もりしま. それでも、関係を切ることがお互いのためだと分かっていながら「もう一度」を繰り返してしまう二人の様子は、自ら辛い道へと進んでしまう恋愛の落とし穴をリアルに描いているといえます。

11

【マカロニえんぴつ/恋人ごっこ】歌詞の意味を徹底解釈!歪で切ないラブストーリーを解説。

⚐ 「愛を伝えそびれた」という歌詞からは、そんな彼の想いを彼女に伝えることができなかったことが表われており、彼女とどうしても離れなければいけない理由があったからこそ伝えなかったと捉えることもできるでしょう。

18

マカロニえんぴつ「恋人ごっこ」で演じてたものは何だったのか。

⚐そう考えると、本音を隠して関係を続けていた彼もまた演じていた一人なのですから、恋愛とは時に残酷で切ないものなのでしょう。

18

マカロニえんぴつ『恋人ごっこ』歌詞【意味&解釈】|禁断の恋が生み出す心の葛藤を描いた一曲|arai no HIKIDASHI

👏 Lyrics マカロニえんぴつ — 恋人ごっこ koibito-gokko 歌詞 Singer: マカロニえんぴつ Title: 恋人ごっこ koibito-gokko 「ねえ、もう一度だけ」 を何回もやろう、そういう運命をしよう 愛を伝えそびれた でもたしかに恋をしていた 恋をしていた 缶コーヒーで乾杯 シーツは湿って どうにもならない二人だ 言う通りにするから、 恋人ごっこでいいから 今だけ笑っていてほしい 余計な荷物に気付くのは 歩き疲れた坂道だ 忘れていいのはいつからで 忘れたいのはいつまでだ? 「ねえ、もう一度だけ」 を何回もやろう、そういう運命でいよう 愛を伝えそびれた でもたしかな恋をしていた 恋をしていた 無駄な話に頼るのだ 隠し疲れた罪を運ぶため 忘れていいのは君なのに 忘れたいのは僕だけか 「ねえ、もう一度だけ」 もう無しにしよう?そういう運命を取ろう 愛を伝え損ねた またこんな恋をしてみたい 恋をしてみたい 裸や、撫で肩や、キスや乾かない髪 Find more lyrics at myjpop. 確かなのは、二人が「恋人ごっこ」をしていたということ。

14