ジェームズ メイ の 日本 探訪。 Amazonプライム『ジェームズ・メイの日本探訪』|小檜山青 Sei KOBIYAMA|note

訳が分からないまま「スミマセン」を連発する日本人

👍 大阪のくいだおれやお笑いを紹介するメイ。 いろいろここも考え込んでしまった。

ジェームズ・メイの日本探訪 シーズン1

✇ 撮影時期は2019年3月下旬から11週間。

『ジェームズ・メイの日本探訪』がやたらに面白い

☢ その子は「間違ったことを言ってスミマセン」と謝らなければなりません。 そつなくまとまっていた感じ。

8

英名物司会者の日本探訪記が面白い! Amazon『James May: Our Man In Japan』

👈 In his epic journey across Japan from north to south, James leaves bustling Tokyo to travel to the ancient capital of Kyoto. 『James May: Our Man In Japan』の名で海外のAmazonで公開中の本作は、旅番組の概念を越えたチャレンジ精神溢れるスタイルが好評だ。 まぁ、責任回避ですな。 日本語字幕はありませんが、雰囲気でお分かりいただけると思うのでぜひぜひ。

20

『ジェームズ・メイの日本探訪』がやたらに面白い

😉 美しい風景も見られますし、妙なものも高画質で見れば、味わいが変わります。

James May: Our Man in Japan

💙 日本の番組ではできないような率直な作りにいろいろ考え込んでしまいました。 露天風呂にも入る。

1

Amazonプライム『ジェームズ・メイの日本探訪』|小檜山青 Sei KOBIYAMA|note

☕ むしろ、問題なのは、海外作品をプライム・ヴィデオで実際に視聴してレヴュウを投稿しても、「Amazon. …実は中華風のBGMが流れるたびに、未だに東アジアはごっちゃにされちゃうのね…と思ったりもしました…。 それは鈴鹿の軽自動車レースのこと。

20

Amazonプライム『ジェームズ・メイの日本探訪』|小檜山青 Sei KOBIYAMA|note

🤩 最後に松尾芭蕉のように俳句を詠んで締めくくるジェームズ。 お客様であると同時に外部者である彼らは、少しの間は過剰に歓待されます。

19

英名物司会者の日本探訪記が面白い! Amazon『James May: Our Man In Japan』

☯ 岡山駅で桃太郎の銅像の『刀』が別のものに見える!と爆笑していた一行でしたが、そんな面白いかなあ~…とちょっと思ってしまいました(下ネタも苦手なもので)。 簑原氏は本音と言いながらも「広島と長崎の犠牲が無ければ、韓国と北日本はソ連に占領されていた」というアメリカの建前を言います。 曰く「ただ観光名所を回って、お決まりの感想を言う気はない」。

18