生放送乳首。 フワちゃん、生放送で“乳首ポロリ”も人気凋落の危険。治らない遅刻癖、横柄なマネージャーの悪評でタレント生命ピンチか

フワちゃんが「生放送ポロリ事件」振り返り絶叫「和田アキ子にも怒られた」

💅 それは『シノラー』こと篠原ともえ(41)だ。

フワちゃん、生放送で“乳首ポロリ”も人気凋落の危険。治らない遅刻癖、横柄なマネージャーの悪評でタレント生命ピンチか(MAG2 NEWS)

✔ カメラが回っていないところでは丁寧に相手と接するなど、オンとオフの使い分けがずば抜けているのだ。

13

フワちゃん、生放送で“乳首ポロリ”も人気凋落の危険。治らない遅刻癖、横柄なマネージャーの悪評でタレント生命ピンチか

⚓ 憧れのシノラーに学び、シフトチェンジの時期を探る そんな篠原も現在は41歳となり、落ち着いた大人の女性へとシフトチェンジ。

フワちゃんが「生放送ポロリ事件」振り返り絶叫「和田アキ子にも怒られた」

😒 バラエティ番組に携わる制作会社関係者は次のように語る。 ブームの終焉とともに、篠原自身の露出も激減。 それだけではなく、顔には星などのシールを貼り、キラキラアクセサリーやなわとびで作った腕輪、羽を付けたランドセルを背負い、髪にはモールやウサギの帽子。

18

フワちゃんが「生放送ポロリ事件」振り返り絶叫「和田アキ子にも怒られた」

⌛ 僕らも分単位のスケジュールで動いているので、打ち合わせに遅れて来られても正直困ります。 コンプライアンス問題が厳しくなっている現代でも探せば パンチラくらいならあるもの。 一緒に仕事をしたいと思う人物ではありませんね」 仕事のオファーの窓口になることもあれば、現場でマネージャー的な動きもするというこの男性。

13

フワちゃん、生放送で“乳首ポロリ”も人気凋落の危険。治らない遅刻癖、横柄なマネージャーの悪評でタレント生命ピンチか(MAG2 NEWS)

☝ 【関連】花田優一氏に法的手段も。

2

フワちゃん、生放送で“乳首ポロリ”も人気凋落の危険。治らない遅刻癖、横柄なマネージャーの悪評でタレント生命ピンチか(MAG2 NEWS)

🚒 視聴者からは 「これは男の乳首はOK、女の乳首はNGとフワちゃんなりのアンチテーゼなのではないか?」 といった声も寄せられ、更にややこしい事態となってしまったようだ。

13