核 の ゴミ 北海道。 「核ゴミを持ち込ませない北海道会議」の設立について(案)

北海道で「核のごみ処分場」に続々手が挙がる訳

✇ (伊沢健司、斎藤徹) 「反対言えば、住んでいられなくなる」 これまで長く応募がなかった国の「核のごみ(原発から出る高レベル放射性廃棄物)」の最終処分場選定プロセスに、北海道の小さな村と町が次々と手を挙げる方針を固めた。

20

「核のごみ」なぜスピード決着? 北海道の村の1カ月:朝日新聞デジタル

🙏 町長は町議会や産業界の意見などを勘案し、8日の町議会全員協議会の後に応募を表明する意向だ。 積丹町で条例ができたことを少しは気にしてほしい」と語ったと報じられています。

「泊原発を再稼働させない・核ゴミを持ち込ませない北海道連絡会」のお知らせ

🤘 また、厳密な受入れ拒否ではなく、「特定放射性廃棄物の持込みは慎重に対処すべきであり、受け入れ難い」という玉虫色の表現になっている。 岩泉町放射性廃棄物の持込み拒否等に関する条例 豊かな三陸の海を守る会が、岩手県消費者団体連絡協議会とともに2020年9月議会に拒否条例制定の請願を行った結果、採択され、同年12月議会で全会一致により制定された条例。

「北海道を核のゴミ捨て場にしないことを強く求める署名」を緊急展開。今こそ、力を結集しよう!

✆ 黒松内町に放射性物質等を持ち込ませない条例 同じく寿都町に隣接する黒松内町議会には、2020年12月7日、町内への核のごみの持ち込みを拒否する条例案が議員提案されました。

核ごみ処分場、北海道2町村が調査応募へ 交付金に期待:朝日新聞デジタル

💋 放射性廃棄物の持ち込み拒否に関する条例 馬毛島の誘致工作を先導したブローカーや建設業者がヘリコプターで物色に飛びまわったり、村会議員たちを原発への無料見学ツアーに誘ったりと、トカラ列島(鹿児島郡十島村)でも不穏な動きがあったため、作られた条例。

7

北海道を核のゴミ捨て場にしないことを強く求める署名

🌏 片岡春雄町長が8月中旬、核のごみの議論に「一石を投じる」と応募検討を表明。 片岡春雄町長が文献調査応募を検討していると『北海道新聞』に報じられたのは8月13日。 南大隅町での高レベルに関する経過は 除染廃棄物に関する経過は これに対抗して全会一致で可決された拒否条例は、「使用済燃料やさまざまなレベルの放射性廃棄物と原子力発電所の事故により汚染された放射性物質や原子力の利用と研究に供され、それらに伴って発生する物又は廃棄される全ての放射性物質」の町内持込みを拒否するものとなっている。

17

北海道を核のゴミ捨て場にしないことを強く求める署名

😄 「最終処分場とそれに関する全ての施設の建設」「放射性廃棄物等の持ち込み」を拒否して、立入調査権、操業停止請求権を明記している。 また、同年12月12日には、同じように指定廃棄物処分場の候補地とされた栃木県塩谷町のを参考にが制定され、水資源保全地域内で処分場等の事業を行おうとする場合は町長の許可が必要とされた。 放射性物質等の持込み拒否及び原子力関連施設の立地拒否に関する条例 町長が高レベル廃棄物処分場公募への応募方針を表明したが、強い反対により撤回。

13

「核のゴミ」とは?使用済み核燃料の処理問題について分かりやすくまとめてみた

✆ さらに9日の高橋村長が国からの文献調査の申し入れを受諾することを表明しました。 なお、当日会場の大きさとコロナ対応の関係から一団体から一名の参加をお願いしたいと思います。

4