我々だ bl ゾム受け。 【d!】主役たちのBL短編集

兄が実況者だと知った...[よし、王様ゲームしよう!](pikt)

🤞 心の準備というか 男同士で不安なこともあり 踏み切れないでいるのだが。 そんなことを考えながら 歩いていると、ロボロの部屋についた コンコン ロボ「はーい、ゾムやな開けるわ」 扉が開く ゾム「よ!」 ロボ「ゾム待ってたで」 ロボロは俺をにこやかに出迎えてくれた。

20

wrwrd R18短編集

♻ ゾム「んっ、な、どこ触ってんねん」 ロボ「ここキツいんちゃう?」 俺のモノをズボンの上から撫でる。 ロボ「ん、んぅ、はぁ」 ゾム「気持ちいい?」 ロボ「んっ、き、もちいい、けどぉ」 ゾム「けど何」 ロボ「ち、ちゃんと触ってやぁ」 涙を貯めてエッチな甘い声で彼は 俺を見つめる。 。

【wrwrd!】*BL短編集*

♥ ・シチュエーションは、しっかり書いて下さい。

13

【wrwrd!】*BL短編集*

🤲 ロボ「ん、んぅ」 舌を滑り込ませ口内を犯しながら スボンにを下ろすそしてロボロのモノを 下着の上から焦らすように触る。

20

zm受けだぞおい 2

🤫 リクエスト大歓迎。

10

兄が実況者だと知った...[よし、王様ゲームしよう!](pikt)

🤞 ぞ、むぅ」 ゾム「なんやロボロ」 ロボ「きもちぃ、はぁんぅ」 俺を聞いて手を早める それに比例するよいにロボロの甘い声が 部屋にひびき俺の耳を刺激する。 作者の妄想+rつき 苦手な方はブラウザバック ゾム視点 今日俺はロボロの部屋で一緒にゲームしよ と誘われて あいつの部屋に向かう事にした。 ー続編ー ・書かせて頂く実況者様方・ OOの主役は我々だ様方 日常組様方 ぴくとはうす様 ミナミノツドイ様方 ワイテルズ様方 らっだあ運営様方 限界組様方 YASUGOYA様 パラソル様方 ぷちひなしゅんさん様 ・注意点・ ・キャラ崩壊しています。

zm受けだぞおい 2

🖖 | | |えー、どうも。

3

【wrwrd!】*BL短編集*

😍 俺はロボロをお姫様抱っこして ベッドまで行き押し倒す。 て言うか、ブロマガでgrさんがnmmnに着いては言ってますよね?まぁ取りあえず、鍵が付けたり出来るサイトに行って下さい。

9

wrwrd R18短編集

🤭 ゾム視点 エ「んっ…あぁっ……ぞ…むっ…そこっ…や…ゃ」 俺の下で可愛く喘いでいるのは この戦争の軍事戦略を考察するジャーナリスト いわば、この国の知能、エーミール 俺の恋人であり、本当に守りたいと思えた人だ ゾ「ここが、ええんやろ?」 そう言って俺はエーミール もといエミさんの感じる部分を強く触った エ「あ゛ぁっ…ぁあっ…むりっ…!イッっ…」 エミさんがイキそうになるから手を止めた エ「えっ…」 いきなり止められたエミさんはイケないもどかしさと 疑問でこちらを見ていた 俺は少しニヤッと笑い ゾ「お前だけ、気持ちよくなろうとすんなや」 エ「あっ…ごめっ……ん゛んっ!!!」 謝ろうとするエミさんの口に俺のモノを入れた ゾ「ほら、喉も使ってみ?」 エ「ングッ…んっん゛っ…」 エミさんが頑張って俺の咥えてるって思うと すげぇ嬉しかった それに、エミさんはこれがとても上手だ ゾ「やっばっ…イきそっ……」 俺の方が先に達してしまった ゾ「すまんな、エミさん、今から楽にしてやんからな」 そんな俺に笑顔で エ「はよしてよ」 って答えた ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 俺は死ねない 今は死ねない これからも死ぬ気はない こいつのためにも 俺は死ねない• 6月17日 20時 id: - Zm受けとかガイイです 6月5日 6時 id: - 我々のblは禁止されています。 ・更新がすっごく遅i あくしろ天満宮 ・リクエストの注意点・ ・地雷は無いです。

6