フランク ウィリアムズ。 フランク・ウィリアムズ

老兵は死なずただ消え去るのみ!! ウィリアムズF1の栄光と挫折(ベストカーWeb)

😋 半世紀近くをかけて、世の中の潮流とF1はパラレルに進化をしてきたのだから、これは時代の変化として受け入れないわけにはゆかないのだ。 その後の人事はマネージメントでもテクニカルでもF1界の常識から悪い方向に外れてゆき、人事的な失敗を現在に至るまで続け、その失敗に気づくことなく、遂にはすべてを手放すに至ってしまった。 決勝レース中のタイヤ磨耗に苦戦したが、シーズン終盤にはサスペンションを改善し、シーズン最後に3連勝を飾った。

ウィリアムズF1

😀 この傾向は新人を自分のチームでF1デビューさせることはめったにないフェラーリ、マクラーレンとは大きく異なる。 ストロールは開幕3戦でリタイアを喫し経験不足を露呈するが、初の母国レースとなる第7戦で9位入賞を果たすと、次のでは3位に入り、初の表彰台に立った。

4

ウィリアムズF1

😊 2010年〜2011年 再度コスワースへ [ ] がドライブする() に投入したマシンではエンジンをトヨタからコスワースにスイッチした。

10

ウィリアムズF1、米投資会社に売却 家族経営に終止符 写真3枚 国際ニュース:AFPBB News

☎ これは、ウィリアムズのCEOマイク・オドリスコールが明かしたもの。

10

フランク・ウィリアムズ入院 娘のクレアも付き添う

🙃 1998年〜1999年 ワークスエンジン不在の苦戦 [ ] カラーに衣替えしたFW20・メカクローム はスポンサーブランドがロスマンズからに変更され、は同チームでは珍しい赤いマシンカラーとなった。

フランク・ウィリアムズ

💅 はコンストラクターズを連覇し、ピケがマンセルとの戦いを制してチャンピオンを獲得した。