本 多 忠次。 本多忠次 (挙母藩主)

旧本多忠次邸|東公園|特集|岡崎おでかけナビ

☢ そして違い棚のお雛さん 木目込人形にケース人形、金の高杯に貝桶と、 どれも素晴らしいものです。

18

岡崎市にある西洋風屋敷「旧本多忠次邸」をご紹介!|イープラン(eee

⚑ 現地までののりもん道中のようすもふくめて、以下に紹介する。 1601年に上州白井から本多豊后守康重が移封され、本多氏が1645年までの44年間主としてを治め、1645年より吉田から水野堅物忠善が移封され、水野氏が1762年までの118年間治めました。

4

夢を実現した昭和の洋館・本多忠次邸 | 旧本多忠次邸復元工事 | 丸ヨ建設工業株式会社

☎ その木目込人形、 銘がありますがこれも昭和45年頃とありました。

15

旧本多忠次邸

⚔ 失礼いたしました。

11

『旧本多忠次邸 ~徳川四天王 末裔の邸~』岡崎(愛知県)の旅行記・ブログ by べスピンさん【フォートラベル】

🤐 (な飾りは岡崎市美術博物館 蔵) 邸内の1階を拝見しながら2階へ 寝室 洋間の各部屋を回りながら和室の間へ こちらは控えの間に飾られた内裏雛、 同じ大正期のものですが、 素朴な衣装が特徴のお雛さん(田舎雛)です。

12

『旧本多忠次邸 ~徳川四天王 末裔の邸~』岡崎(愛知県)の旅行記・ブログ by べスピンさん【フォートラベル】

🤗 いや~、子爵気分だ。

3

『旧本多忠次邸 ~徳川四天王 末裔の邸~』岡崎(愛知県)の旅行記・ブログ by べスピンさん【フォートラベル】

♥ 調査をすればするほど、本多邸の歴史的価値が明らかとなり、取り壊し以外の道の模索が一層積極的に展開されました。

13

旧本多忠次邸

☕ 長男:(1708-1802? 第6代藩主忠辰は、祖父忠之から聞かされていた吉宗の改革にならい藩政刷新を目指しました。 この后に、1602年に徳川氏譜代の本多康重がより5万石で主となりました。

13

『旧本多忠次邸 ~徳川四天王 末裔の邸~』岡崎(愛知県)の旅行記・ブログ by べスピンさん【フォートラベル】

😘 玄関車寄せ この建物は昭和7年(1932年)、東京・世田谷に建てた 住宅の一部を移築し復原したもの。 また、新しい芸術様式として一世風靡したアールデコ様式で統一した茶室、銀色を基調としたモダンな寝室、その他照明器具、モザイクタイル、ステンドグラスも見どころの一つです。 たてもんのみぎがわに円筒がくっつけてあるのがおもしろい。

15