スクリャービン エチュード。 スクリャービンの楽曲一覧

楽譜の比較 ~ Scriabin スクリャービン

⚐ 10歳で自ら望んで陸軍兵学校に進むが 、小柄で虚弱なことと学業が優秀なこと、そして楽才が顕著なことから、特別にモスクワ音楽院への通学が認められ、14歳から院長に作曲と音楽理論を、ズヴェーレフにピアノを師事。

18

8 Etudes, Op.42 (Scriabin, Aleksandr)

😅 そしてスクリャービンはこの後10年以上もこんな感じの音楽を作り続けるのである。 また「ド」の後の「ミ」を打鍵している間に、次に弾く「シ」の指の用意をしておく。 がまったく示されていないか不十分です。

2

8つのエチュード(練習曲) Op.42/Huit etudes Op.42

😜 最後だけ少し難しい。 しかしピアノ曲については性調と響きに関連性はないので、作者の好みが出る。 第2曲目は、5連音符の練習曲で、3対5のポリ・リズムとなっている。

17

3つの小品 Op.2/3 Pieces Op.2

🌏 ショパンより早熟かも知れない。 強行軍で行ったため、演奏は勢いでまとめてしまったものもあるが、全体としては安定しており、正統的で丁寧な演奏(ただし「で演奏されている」という話が生まれるほどヴォックス社の録音状態は酷いものとなってしまっている)。 このようにしてロシアの音楽は楽しむことができるので、興味のある方はヤマハ辺りで楽譜を立ち読んでみて下さい。

15

スクリャービンの楽曲一覧

😙 第3曲目は、8分の6拍子を刻む8分音符の1つ1つの音に対し、16分音符の3連音符をあてがった練習曲。

6

エチュードの裏事情 (No.142) : 土星の裏側

✔ ピアニストにはよくある職業病だが、こうなってしまうと演奏活動のみの生業は危険だ。 細かいことを見落とさないようにね。 139】 「ラ・カンパネラ」が入っているのは「パガニーニ大練習曲S. プレスティッシモというテンポの指示がなされ、また、僅か34小節と短い曲である。

7