ムーン ショット 計画 内閣。 2050年アフターコロナと「内閣府ムーンショット目標」|RC外断熱「ハイパール工法」の実績No.1

【驚愕の事実】ムーンショット計画と政府の2050年目標を徹底解説・考察!誰も教えてくれない6つの目標

🤪 出典:内閣府 アバターとは内閣府の説明によると、サイバネティック・アバターのことであり、自分の身代わりとしてのロボットや3D映像等を示すアバターに加えて、人の身体的能力、認知能力及び知覚能力を拡張する技術を含む概念といいます。 かつてのソ連や現代の中国が1984年的な社会であるとするならば、戦後の日本は素晴らしい新世界的な社会とも言えます。 注目すべきは発見して誰が利権を得るかというところが一番の注目ポイントですね。

7

【驚愕の事実】ムーンショット計画と政府の2050年目標を徹底解説・考察!誰も教えてくれない6つの目標

🐲 トランスヒューマニズム運動と内閣府の目指すムーンショット計画の間には直接的な関係は見えませんが、私は両者は繋がっていると見ています。 最長で10年間支援。 このことを考えるとこのムーンショットというのはこのように解釈できるのではないでしょうか? 2050年までに日本では脳チップが日本人全員に埋め込まれvrの世界となるのか? 僕は何度読んでもムーンショット計画というものが分かりませんが、難しく書いてある可能性が考えられます。

内閣府が発表したムーンショット計画はSAO世界・フルダイブ技術をまるで実現した夢の世界!!

⚒ まるで攻殻機動隊のような話です。

17

【驚愕の事実】ムーンショット計画と政府の2050年目標を徹底解説・考察!誰も教えてくれない6つの目標

😙 そうでないと、人を閉じ込めておくことはできないのです。 当時のスピーチが気になる人はこちらに動画があります。 この目標は、AGI(汎用性)を開発してそれをロボットに組み込み、人と違和感なく一緒に暮らせるパートナーにしようと言う考えの目標と言えますが、これって、SAOのアリシゼーションに出て来るアリスやイチエモンを思い出してしまうのは私だけでしょうか・・・!? 『いやっ!私だけかもねwww』 どちらにせよ!!2050年までにこのが推奨する計画が目標を達成して行けば、SAOのような世界を満喫できる可能性がかなり高そうですね!! おわりに はい、と言うことで計画とフルダイブ技術についてでした。

11

ムーンショット型研究開発制度

🤙 しかし、いろいろな陰謀論が人口削減を示唆していることから、この計画も関連しているようにとらえられているようです。

7

ムーンショット目標決定のお知らせ

😝 ムーンショット目標 1.2050年までに、人が身体、脳、空間、時間の制約から解放された社会を実現 2.2050年までに、超早期に疾患の予測・予防をすることができる社会を実現 3.2050年までに、AIとロボットの共進化により、自ら学習・行動し人と共生するロボットを実現 4.2050年までに、地球環境再生に向けた持続可能な資源循環を実現 5.2050年までに、未利用の生物機能等のフル活用により、地球規模でムリ・ムダのない持続的な食料供給産業を創出 6.2050年までに、経済・産業・安全保障を飛躍的に発展させる誤り耐性型汎用量子コンピュータを実現 ムーンショット目標の中には 「サイボーグ技術の実現(人間拡張技術)」、「ほぼ全ての人のほぼ全ての行為と体験をアバター経由で実現」といった内容もあり、あまりにも大胆なビジョンであるため、眉をひそめる人もいるかもしれません。

ムーンショット計画とは?わかりやすく解説 陰謀論との関連も!

🐾 現代版の月面着陸計画とは何なのだろうか。 サイバネティック・アバターの活用によってネットワークを介した国際的なコラボレーションを可能にするためのプラットフォームを開発し、様々な企業、組織及び個人が参加した新しいビジネスを実現する。 そこからたったの10数年。

『内閣府が正式公表』2050年までの目標ムーンショット計画が怖い

🤭 今後も要注目のムーンショット型研究開発制度 ムーンショット型研究開発制度はまだまだ始まったばかりで、業界横断的なマネージメントや産官学の連携という点で課題もありますが、基礎研究や先端技術に対して長期的に支援していく取り組みは、社会的には非常に重要な意味を持ちます。 便利かどうかという点で考えれば便利です。 1.2050年までに、人が身体、脳、空間、時間の制約から解放された社会を実現 2.2050年までに、超早期に疾患の予測・予防をすることができる社会を実現 3.2050年までに、AIとロボットの共進化により、自ら学習・行動し人と共生するロボットを実現 4.2050年までに、地球環境再生に向けた持続可能な資源循環を実現 5.2050年までに、未利用の生物機能等のフル活用により、地球規模でムリ・ムダのない持続的な食料供給産業を創出 6.2050年までに、経済・産業・安全保障を飛躍的に発展させる誤り耐性型汎用量子コンピュータを実現 サイバネテック・アバターとは まず最初の「人が身体、脳、空間、時間の制約から解放された社会」とは一体何を指すのでしょうか。