高嶺の花子さん歌詞。 back number『高嶺の花子さん』が名曲すぎて3年遅れだけど語りたい件。

back number エメラルド 歌詞&動画視聴

🖕 ……なるわけないか。 でも、たとえば黒魔術的な、人外の力が働いてくれたら…… なんかよくわかんないけど勝手になにかが起きてどうにかなってくれたら…… もはや ヘタレを通り越して人間のクズの領域だが、ぼくは深く共感した。 なにもしたくないけどどうにかなってほしいのだ。

高嶺の花子さん

🤚 ってめっちゃ思うんですよ 笑 まぁ本当個人的な意見ですが…。

6

「高嶺の花子さん」の意味について、女方面から考えてみた。|芯、あやみとそれなりに愉快な世界たち。

😆 この時点でだいぶ ヘタレをこじらせていることがわかる。 めっちゃ、分かる! それでも隣で目覚める彼女を妄想してしまうんですね。

15

back number『高嶺の花子さん』歌詞の意味・解釈と考察

🐝 自分の中で妄想を繰り広げていたら、良くない展開ばかり思い浮かんでしまう少しネガティブな僕の様子が分かります。 プロデュースはゆずやSuperflyも手掛けている 蔦谷好位置さん。 会いたいんだ 今すぐその角から 飛び出してきてくれないか 夏の魔物に連れ去られ 僕のもとへ 生まれた星のもとが違くたって 偶然と夏の魔法とやらの力で 僕のものに なるわけないか 色々と考えた結果、やはりあの子との距離は離れたままではあるけれども、親密になれるチャンスが欲しいという気持ちは変わらないままだということがわかりました。

20

高嶺の花子さん

☣ 最後までお読みいただきありがとうございました。

11

高嶺の花子さん back number 歌詞情報

⚓ 作詞:清水依与吏 作曲:清水依与吏 君から見た僕はきっと ただの友達の友達 たかが知人Bにむけられた 笑顔があれならもう 恐ろしい人だ 君を惚れさせる 黒魔術は知らないし 海に誘う勇気も車もない でも見たい となりで目覚めて おはようと笑う君を 会いたいんだ 今すぐその角から 飛び出してきてくれないか 夏の魔物に連れ去られ 僕のもとへ 生まれた星のもとが 違くたって 偶然と夏の魔法とやらの力で 僕のものに なるわけないか 君の恋人になる人は モデルみたいな人なんだろう そいつはきっと 君よりも年上で 焼けた肌がよく似合う 洋楽好きな人だ キスをするときも 君は背伸びしている 頭をなでられ君が笑います 駄目だ何ひとつ 勝ってない いや待てよ そいつ誰だ 会いたいんだ 今すぐその角から 飛び出してきてくれないか 夏の魔物に連れ去られ 僕のもとへ 君が他の誰を 気になっていたって 偶然とアブラカタブラな力で 僕のものに この胸の 焦りに身を任せ 君のとこへ走ったとして 実は僕の方が 悪い意味で 夏の魔法的なもので 舞い上がってましたって 怖すぎる オチばかり浮かんできて 真夏の空の下で 震えながら 君の事を考えます 好きなアイスの味はきっと 会いたいんだ 今すぐその角から 飛び出してきてくれないか 夏の魔物に連れ去られ 僕のもとへ 生まれた星のもとが違くたって 偶然と夏の魔法とやらの力で 僕のものに なるわけないか kimi kara mi ta boku ha kitto tada no tomodati no tomodati takaga tizin B ni muke rare ta egao ga are nara mou oso rosii hito da kimi wo ho re saseru kuromazyutu ha si ra nai si umi ni saso u yuuki mo kuruma mo nai demo mi tai tonari de meza me te ohayou to wara u kimi wo a i tai n da ima sugu sono kaku kara to bi da si te ki te kure nai ka natu no mamono ni tu re sa ra re boku no motohe u mare ta hosi no moto ga tagai ku ta tte guuzen to natu no mahou toya ra no tikara de boku no mono ni naru wakenai ka kimi no koibito ni naru hito ha moderu mitai na hito na n daro u soitu ha kitto kimi yori mo tosiue de ya ke ta hada ga yoku nia u yougaku su ki na hito da kisu wo suru toki mo kimi ha seno bi si te iru atama wo nade rare kimi ga wara i masu dame da nani hitotu ka xtu te nai iya ma te yo soitu dare da a i tai n da ima sugu sono kaku kara to bi da si te ki te kure nai ka natu no mamono ni tu re sa ra re boku no motohe kimi ga hoka no dare wo ki ninaxtu te itatte guuzen to aburakatabura na tikara de boku no mono ni kono mune no ase ri ni mi wo maka se kimi no toko he hasi xtu ta tosite zitu ha boku no hou ga waru i imi de natu no mahou teki na mono de ma i a gaxtu te masi ta tte kowa sugiru oti bakari u kan de ki te manatu no sora no sita de huru e nagara kimi no koto wo kanga e masu su ki na aisu no azi ha kitto a i tai n da ima sugu sono kaku kara to bi da si te ki te kure nai ka natu no mamono ni tu re sa ra re boku no motohe u mare ta hosi no moto ga tagai ku ta tte guuzen to natu no mahou toya ra no tikara de boku no mono ni naru wakenai ka. 男子ならではの妄想がストレートに書かれています。 それに、むしろこんな風にこじらせるまで 思ってくれる男性がいてくれるのが なんだか愛おしいとも思うんですけどね。 一歩も動いてないし、 ひとこともしゃべってないし、なんなら指一本すら動かしていない可能性がある。

6

back number『高嶺の花子さん』が名曲すぎて3年遅れだけど語りたい件。

🤩 女の立場からしても 『いやいや、私みたいなやつが相手にww されるわけwwなww……は、はは…』 ってなるし。

15