米ぬか 多糖 体。 【臨床結果あり】がんの免疫療法で取り入れたい成分

【臨床結果あり】がんの免疫療法で取り入れたい成分

😋 小さなものは腸壁から吸収されて、全身の免疫細胞の働きを正常化させたり、活性化させたりします。

20

免疫とは

🤛 多糖体を体に定着させるのは「シイタケ菌」 RBS米ぬか多糖体を製造する際に重要な工程となるのが、シイタケ菌(DAIWA-A95菌)による細分解です。

9

米ぬかを食べるのは危険?米ぬかの副作用とは

🙄 ポイントは、毎日定期的に服用し継続することだ。

2

世界54ヶ国で販売されている「RBS米ぬか多糖体」の大腸がんへの効果を調査

✊ RBS米ぬか多糖体を1日に3g摂取してもらいました。 8%というデータが報告されています。 白血球は 顆粒球、リンパ球、マクロファージで構成されています。

4

日本発の特許成分・RBS米ぬか多糖体による肝臓がんへの作用とは?

☯ 大腸がんだけにフォーカスしても、6人中4人のNK細胞が活性化していることがわかります。 がん治療の効果をより高めることが期待できます。 図3 米ぬか多糖体 RBS による放射線治療の副作用軽減(子宮頸がん患者20人) QOLの改善効果 がんの治療では、QOL(生活の質)の低下も大きな問題となる。

20

RBS米ぬか多糖体で胃がん寛解へ!実証された研究結果を大解説

🤝 血液に関する免疫の話 活性酸素の除去には血液に多くの酵素が必要です。 そのため、免疫力を高めることは、がんの再発を防ぐことにつながります。 それが必要以上に反応してしまい、慢性的な炎症状態を引き起こしてしまう場合があります。

世界54ヶ国で販売されている「RBS米ぬか多糖体」の大腸がんへの効果を調査

💓 気になる場合は無農薬の米ぬかを選ぶ どうしても農薬が気になるという方は、無農薬の米ぬかも販売されています。 開発から25年で70報を超す学術論文と140回以上の学会発表を行いました。

がん患者を対象とした臨床試験で証明された、米ぬか多糖体(RBS)の免疫賦活作用

❤ さらに、RBS米ぬか多糖体を摂取することで、摂取前と比べて約10倍もNK細胞の活性がアップしたという研究結果も出ています。 そうして出会ったのが、 肝臓がん患者の希望とも言える「RBS米ぬか多糖体」でした。 NK細胞は、がん化した細胞を攻撃してくれる免疫細胞なので、白血病治療において注目を集めています。

16