Sbi オークション。 SBIアートオークション-SBIグループ企業一覧-企業情報・SBIグループ|SBIホールディングス

ライブ配信型アートオークション「SBI Art Auction Live Stream」開催のご案内(SBIアートオークション)- PR情報|SBIホールディングス

👈 SBIオークションに初出品のアーティストの作品にも注目したい。

2

ライブ配信型アートオークション「SBI Art Auction Live Stream」開催のご案内(SBIアートオークション)- PR情報|SBIホールディングス

☏ これまでのSBIアートオークションでは、スタートバーンの前身サービス「startbahn」を通してブロックチェーン証明書が発行されておりましたが、このたび新サービス「Startbahn Cert. ブロックチェーン証明書(イメージ) ブロックチェーン証明書には、タイトル、サイズ、技法といった作品情報のほか、所有履歴情報(名前、価格など非公開にしたい情報の記載は不要)や修復履歴、著名美術館やギャラリーに展示された履歴、オークションでの出品履歴など様々な情報を記録できる上、これらを第三者が改ざんすることが困難なため、アート作品の所有権や真贋の証明書が偽造されるリスクが飛躍的に低くなる。 グラフを見ると、概ね100万円~800万円の価格帯で落札されています。 《On the street》(2018)は、最高予想落札価格35万円を大幅に上回る240万円で落札。

13

SBIアートオークションが2日間にわたり開催。最高落札額は奈良美智の6700万円(美術手帖)

👣 参加方法毎にそれぞれの入札方法を見ていきます。 後日送付されるメール「Cert. 所有者の個人名や購入価格などは記録されないので、プライバシーを保護しながら安心してご利用いただけます。

6

SBIアートオークション主催、美術品オークション市場で「ブロックチェーン証明書」を付与

🙌 また預金証明など資産の確認をされることもありませんし、ドレスコードもありません。 そしてその全ての作品が落札されています。 ちなみにこの落札価格と面積の相関係数は0. スケートボードの廃材を使用した彫刻で知られるアーティスト・Haroshiの彫刻作品《Skate Rat》(2012)も、180万円の最高予想落札価格に対して630万円で競り落とされた。

1

SBIアートオークションが2日間にわたり開催。最高落札額は奈良美智の6700万円(美術手帖)

😊 また、「プライベートセール」や「オークションイベントのコンサルティング」等も展開し、「アート」を通じた総合的な事業展開を行っております。

5

SBIアートオークション「モダン&コンテンポラリーアートセール」にて、ブロックチェーン証明書発行サービス「Startbahn Cert.」の導入が開始します。

😀 予想落札価格1000~2000万円に対して3000万円で落札された。 書面での入札ですので、オークションが始まったらSBIアートオークションの担当者が代理で競りを行います。 また、MADSAKIの《Rue de Faubourg Poissonniere(3)》(2017)は、激しい入札合戦の末に最高予想落札価格の2倍以上となる1700万円で販売された。

SBIアートオークションが2日間にわたり開催。最高落札額は奈良美智の6700万円(美術手帖)

😉 赤枠の3つの作品は、全て「彼女の顔が思い出せない」シリーズとなります。 すでに大きな話題となっていた、アンディ・ウォーホルが1985年に発表した広告シリーズのうちの1作、シャネルの香水「No. 」の導入が開始されます。 セール開催前から注目を集めていた、20世紀前半に活躍したフィリピンの国民的画家であるフェルナンド・アモルソロ(1892~1972)の作品。

11