エコノミスト 2021。 「エコノミスト誌の予言」2021年アメリカに核攻撃が!? (2020年12月7日)

【初の都市伝説系】エコノミスト2021表紙(The Economist 2021)を考察してみました。

♨ エコノミスト2020予測の「トランプ退場 TRUMP EXIT」が当たったと言われています。

10

エコノミスト2021の表紙を自分なりに予測してみた【都市伝説】

😔 〔特集〕未来産業の本命 新エネ4 風力市場 保険、海中作業、天候予測も 関連技術とサービスが拡大=宗敦司• これまで、個人事業主やフリーランスという働き方の特徴の一つであったリモートワーク。 この雑誌の発行が、 最後の審判の開始を告げるラッパということでしょうか。 その後、それに腹を立てたのか、予定されていたデンマーク訪問もキャンセルされた。

週刊エコノミスト 2021年6月1日号

🙃 〔特集〕未来産業の本命 メタネーション CO2と水素で都市ガス作る 「メタン」活用に業界本腰=浜田健太郎• 〔ザ・マーケット〕インド株 第2波深刻化にリスク=堀江正人ドル・円 方向感欠く=高島修• 「経済のグラフ」「木が燃えてる」「ZOOM」「ウイルス」があります。 また、雑誌社のバックボーンを辿っていくと、ロスチャイルドに繋がるというのも興味深い。 〔特集〕世界急回復のワナ リスク4 SPACブーム 「業績不明」企業群に10兆円流入 米株市場はバブル終局の兆し=倉都康行• アメリカで社会現象に ハリス副大統領身の真珠やスニーカー着用 意思決定の場における女性の数を増やそうという動きは海外でも広がっています。

10

【予言】エコノミスト 2020の表紙が強烈にヤバい! #2|Team YUAN|note

❤️ 」は、エコノミスト編集者によれば、ワクチンが完成し行き渡った世界で、「ワクチンを拒絶する人々はどのくらいいるのか?」を意味する「? 厳しい乾燥した地で、夏は酷暑と冬は極寒という気候。

2

エコノミスト2021の表紙を自分なりに予測してみた【都市伝説】

💓 スロットマシンのような絵が描かれていて、縦・横ともに4分割されています。 左から3列目は、「?、ドル、風力発電、中国」のイラストです。 〔書評〕著者に聞く 『ベネズエラ』 著者・坂口安紀さん• 左の列 一番左の列。

6

週刊エコノミスト 2021年6月1日号

⚛ 〔グラフの声を聞く〕2006年の株価下落は再来するか=市岡繁男. アメリカでは21歳が カジノに入ることができる最低年齢であり、ギャンブラーに人気のあるブラックジャックなどカードゲームの名前でもあります」(スタンデイジ氏) このように「21」が賭け事を暗示することが、 現在の不確実な世界と符合することから、スロットがモチーフに採用されたとのことだ。 〔深層真相〕五輪の来日想定は5万人 行動管理に嘆く組織委財務省の局長人事全容 茶谷氏が「次官にリーチ」白川前日銀総裁『中央銀行』 米大学8月に英語版刊行• なお、2列目と3列目には、トランプの文字の上にWINという文字が躍っており、本当はトランプが勝ったのではないかとの指摘があります。 card-book-description-l-subscription. 左から2列目ですが、このスロットだけ残像がなく、止まっているように見えますね。

「エコノミスト誌の予言」2021年アメリカに核攻撃が!?

✋ 〔特集〕未来産業の本命 新エネ1 洋上風力 潜在力は原発500基分 風車発電設備に再挑戦=宗敦司• 〔2021年の経営者〕編集長インタビュー 定保英弥 帝国ホテル社長• 下のパネル部分を見ると、日章旗に見えないか?と考えられているようです。 既に、この「The Economist 2021」…エコノミスト2021の表紙の考察をされているYouTubeも拝見させて頂きました。

10