羅生門 内容。 羅生門の内容を簡単にまとめて教えてくださいm(__)m

羅生門のあらすじを簡単に。「生きていくための悪」

✇ そんな中、俺は盗人になるのか?それともどうにかして生きていくのか?いやどうにもならないだろう、やはり盗人になるほかあるまい、いや、でも、、、という 自問自答が下人の中で 際限なく繰り返されるのです。

14

羅生門の内容を簡単にまとめて教えてくださいm(__)m

😒 そして何をしていたのかを問い詰めると、老婆は「 鴉(からす)の啼くような声」で「髪を抜いてかつらにしようと思った」と言いました。 逆に言えば、天皇の権力が及ばない都の外の世界は、盗みも殺しも何でもありの無法地帯です。

20

羅生門の要約を教えてください

🐾 下人は老婆を侮蔑するのと同時に、失望したと書かれています。 だからわし(老婆)も生きるために女の髪を毟ってかつらを売る。

16

芥川龍之介『羅生門』を徹底解説!|下人はどこへ行ったのか?

🙂 そうした 換喩を芥川龍之介はさらっと使い、しかも読者にほとんど違和感を残しません。 つまり、羅生門の上にいた老婆の立場に下人が 置き換わるということですね。

2

羅生門のあらすじと内容解説|心理解釈や意味も|芥川龍之介|テスト出題傾向

💋 つまり、羅生門の上にいた老婆の立場に下人が 置き換わるということですね。

20

解説・あらすじ

🙃 まとめてみると、老婆の論理はこういうものです。

3