明智 光秀 天海。 明智秀満が南光坊天海になった説をカンタン解説!秀満の逸話がスゴイ

明智光秀と「かごめかごめ」の歌と天海

☘ (50代・男性) ・もし生きていたとしても、消息が無い。 再者,信長已經定下移封光秀至南的計劃,光秀無從表達之餘,亦恐冒國人反抗、領地收回、光秀切腹的懲罰(例如後來的事例),前景難料。 熙子家人怕光秀嫌棄,私下願以熙子之妹代替,但光秀在識破後卻不以為意地迎娶熙子。

6

【「麒麟がくる」コラム】本能寺の変後、明智光秀は天海として生き延びたのか!? その真相を探る!(渡邊大門)

💅 いずれも、光秀(=天海)が関与したものではないのだ。 歷史記載:光秀死於天正10年(1582年),但是在比叡山飯室谷長壽院旁的不動庭之石燈上,卻刻著感謝光秀布施的「奉寄進 願主光秀 慶長二十年二月十七日」(1615年)。

19

南光坊天海の正体は明智光秀!? 筆跡から真相を探る!!

☏(50代・男性) ・天海と明智光秀の類似点もあり、相違点もあるので絶対に生き伸びて天海になった!とは言いませんが、明智光秀を山崎の戦いで死なせるのは勿体ないと思うので。 『大僧正天海』冨山房、1916年。

【都市伝説】明智光秀は天海だった!?同一人物とされる9つの理由!

⌛ しかし、「家康」より先に「羽柴秀吉」が、「山崎の戦い」で「明智光秀」を撃破してしまったため、やむなく三河へ撤退。 天海のお墓がなぜ坂本になければならないのでしょうか。 「光秀=天海」説が成り立つのなら、光秀は山崎の戦いの後も生き続けていた、ということになりますよね。

9

明智秀満が南光坊天海になった説をカンタン解説!秀満の逸話がスゴイ

❤️ 光秀は自分の身代わりになった家臣の荒木山城守の深い忠誠を忘れまいと荒深又五郎(または小五郎)と名乗り中洞で隠遁生活を送ったと言うのです。

江戸時代の怪僧天海僧正は明智光秀なのか ~2人の筆跡を比べてみた~

🤙 なんだか話がマニアックに進んでしまいそうなのですが、今回は江戸初期の僧侶である天海と明智光秀についてお届けします。 ここまでは「生前に入れたのでは」と誰もが思います。

南光坊天海の正体は明智光秀!? 筆跡から真相を探る!!

⌛ 今の時代であっても真実と虚像は入れ替えられてしまう、といった事も少なからずはあると思います。

16