約束 の しおり 歌詞。 約束のしおり

中澤卓也 約束

🤙 net Lyrics ACE COLLECTION — 約束のしおり 歌詞 Kindly like and share our content. 或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。

約束のしおり 歌詞「ACE COLLECTION」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

📞 And please follow our blogs for the latest and best Japanese JPOP music, songs, pops and ballads. しおりさん『二人の約束』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。 作詞:石原信一 作曲:田尾将実 瞳を閉じて 君を浮かべてる 春のやさしい風が 頬を撫でて過ぎてく なぜいま独 ひと りなの 膝をかかえているの 守りたくて 届けたくて 愛のこの歌 つながっているよ 会えなくっても 空に虹を架けて 約束の君へ つながっているよ 会えなくっても 両手伸ばしそっと 君を抱きしめ あの頃僕ら 青い麦の穂で いつか金色になる 夢を語り明かした なぜいま壊れるの 信じあう心まで 涙ふいて 思い出して 愛のこの歌 つながっているよ 会えなくっても 海の夕陽越えて 約束の君へ つながっているよ 会えなくっても 胸の奥にそっと 君が聞こえる つながっているよ 会えなくっても 両手伸ばしそっと 君を抱きしめ hitomi wo to zi te kimi wo u kabe teru haru no yasasii kaze ga hoo wo na de te su gi te ku naze ima doku hito rina no hiza wo kakae te iru no mamo ri taku te todo ke taku te ai no kono uta tunagaxtu te iru yo a e nakuxtu te mo sora ni nizi wo ka ke te yakusoku no kimi he tunagaxtu te iru yo a e nakuxtu te mo ryoute no basi sotto kimi wo ida kisime ano koro boku ra ao i mugi no ho de ituka kiniro ni naru yume wo kata ri a kasi ta naze ima kowa reru no sin ziau kokoro made namida hui te omo i da si te ai no kono uta tunagaxtu te iru yo a e nakuxtu te mo umi no yuuhi ko e te yakusoku no kimi he tunagaxtu te iru yo a e nakuxtu te mo mune no oku ni sotto kimi ga ki koeru tunagaxtu te iru yo a e nakuxtu te mo ryoute no basi sotto kimi wo ida kisime. 気まぐれな秒針を 気がつきゃ君に握らせて 胸の鼓動預けてたみたい 揺れ動く日々の色 心のフィルム 足踏みも息遣いも君のさじ加減 次会う日はいつかな 歳重ねる度に 時々思い焦がれ 天の定めに憂う度に 心から溢れる愛を君に叫ぼう 僕は何年経っても君を愛してる 僕の代わり映えのない日々に花束を 添えるだけ添えて勝手にいなくて 離れないでと言ったのは君じゃないか 幸せに悩めていることに 気づいてないラブソング ダメだまた考えてる『君』のことばかり 今はまだ動かせない栞の位置も いつかまた続きのページ二人で捲ろう 決められた配役は とても素敵だけど 少し息苦しくて 天の定めに憂うけれど 心から溢れる愛を君に叫ぼう 僕は何年経っても君を愛してる 僕の代わり映えのない日々に花束を 添えるだけ添えて勝手にいなくて 離れないでと言ったのは君じゃないか 次会う日はいつかな 歳重ねる度に 秒針を握る手が 解けてくのかい今はまだ 記憶の中君の残りをかき集めてばかりいる 僕は何年経ったら君に会いたくなって どうしようもない日々の繰り返しから 抜け出せるの 一回でいいから ねえ、会えないかな そしたらずっと離さないのに 何年経っても君を愛してる 僕の代わり映えのない日々に花束を 添えるだけ添えて勝手にいなくて 離れないでと言ったのは君じゃないか. 約束のしおり — English Translation A whimsical second hand If you notice it, let me grab you I felt like I was holding my heartbeat Shaking daily colors Film of the heart Your stepping and breathing When will I meet next time? 月明り 照らす空の下 違う時間過ごす 私たち あなたのいない 毎日は 情けないくらいに 素直に笑えなくて でも さびしくなんかないよ 心はいつも 傍にある 交わした あの日の言葉を 何度も何度も 言い聞かせている 手を高く伸ばしたら 届くかな二人の証に 涙があふれたら あの月を見上げる そんな私の約束 満月の時は 元気かな 欠けている時は 会いに行きたくなるよ でも 悲しくなんかないよ どんなときも 明りは見えているから 手を高く伸ばしたら 届くかな二人の証に 抱きしめたくなったら あの月を見上げる そんなあなたの約束 二人を つなぐものは 空にポツンと浮かぶ この月だけだね だから今 ありのまま 打ち明けよう 会いたくて つらくて 泣きたくなる時もあるけど くじけそうになったら 心をつなぎあう あの月を見上げよう そんな二人の約束. Every time I get older, the hand holding the second hand Will it be solved yet? しおりさん『二人の約束』の歌詞 フタリノヤクソク words by シオリ music by シオリ Performed by シオリ. And please follow our blogs for the latest and best Japanese JPOP music, songs, pops and ballads. Every time I get older, the hand holding the second hand Will it be solved yet? 今はまだ動かせない栞の位置も いつかまた続きのページ二人で捲ろう 決められた配役は とても素敵だけど 少し息苦しくて 天の定めに憂うけれど 心から溢れる愛を君に叫ぼう 僕は何年経っても君を愛してる 僕の代わり映えのない日々に花束を 添えるだけ添えて勝手にいなくて 離れないでと言ったのは君じゃないか 次会う日はいつかな 歳重ねる度に 秒針を握る手が 解けてくのかい今はまだ 記憶の中君の残りをかき集めてばかりいる 僕は何年経ったら君に会いたくなって どうしようもない日々の繰り返しから 抜け出せるの 一回でいいから ねえ、会えないかな そしたらずっと離さないのに 何年経っても君を愛してる 僕の代わり映えのない日々に花束を 添えるだけ添えて勝手にいなくて 離れないでと言ったのは君じゃないか. Lyrics ACE COLLECTION — 約束のしおり 歌詞 Singer: ACE COLLECTION Title: 約束のしおり 気まぐれな秒針を 気がつきゃ君に握らせて 胸の鼓動預けてたみたい 揺れ動く日々の色 心のフィルム 足踏みも息遣いも君のさじ加減 次会う日はいつかな 歳重ねる度に 時々思い焦がれ 天の定めに憂う度に 心から溢れる愛を君に叫ぼう 僕は何年経っても君を愛してる 僕の代わり映えのない日々に花束を 添えるだけ添えて勝手にいなくて 離れないでと言ったのは君じゃないか 幸せに悩めていることに 気づいてないラブソング ダメだまた考えてる『君』のことばかり 今はまだ動かせない栞の位置も いつかまた続きのページ二人で捲ろう 決められた配役は とても素敵だけど 少し息苦しくて 天の定めに憂うけれど 心から溢れる愛を君に叫ぼう 僕は何年経っても君を愛してる 僕の代わり映えのない日々に花束を 添えるだけ添えて勝手にいなくて 離れないでと言ったのは君じゃないか 次会う日はいつかな 歳重ねる度に 秒針を握る手が 解けてくのかい今はまだ 記憶の中君の残りをかき集めてばかりいる 僕は何年経ったら君に会いたくなって どうしようもない日々の繰り返しから 抜け出せるの 一回でいいから ねえ、会えないかな そしたらずっと離さないのに 何年経っても君を愛してる 僕の代わり映えのない日々に花束を 添えるだけ添えて勝手にいなくて 離れないでと言ったのは君じゃないか Find more lyrics at myjpop. Lyrics ACE COLLECTION — 約束のしおり 歌詞 Singer: ACE COLLECTION Title: 約束のしおり 気まぐれな秒針を 気がつきゃ君に握らせて 胸の鼓動預けてたみたい 揺れ動く日々の色 心のフィルム 足踏みも息遣いも君のさじ加減 次会う日はいつかな 歳重ねる度に 時々思い焦がれ 天の定めに憂う度に 心から溢れる愛を君に叫ぼう 僕は何年経っても君を愛してる 僕の代わり映えのない日々に花束を 添えるだけ添えて勝手にいなくて 離れないでと言ったのは君じゃないか 幸せに悩めていることに 気づいてないラブソング ダメだまた考えてる『君』のことばかり 今はまだ動かせない栞の位置も いつかまた続きのページ二人で捲ろう 決められた配役は とても素敵だけど 少し息苦しくて 天の定めに憂うけれど 心から溢れる愛を君に叫ぼう 僕は何年経っても君を愛してる 僕の代わり映えのない日々に花束を 添えるだけ添えて勝手にいなくて 離れないでと言ったのは君じゃないか 次会う日はいつかな 歳重ねる度に 秒針を握る手が 解けてくのかい今はまだ 記憶の中君の残りをかき集めてばかりいる 僕は何年経ったら君に会いたくなって どうしようもない日々の繰り返しから 抜け出せるの 一回でいいから ねえ、会えないかな そしたらずっと離さないのに 何年経っても君を愛してる 僕の代わり映えのない日々に花束を 添えるだけ添えて勝手にいなくて 離れないでと言ったのは君じゃないか Find more lyrics at myjpop. 約束のしおり — English Translation A whimsical second hand If you notice it, let me grab you I felt like I was holding my heartbeat Shaking daily colors Film of the heart Your stepping and breathing When will I meet next time? 作詞:石原信一 作曲:田尾将実 瞳を閉じて 君を浮かべてる 春のやさしい風が 頬を撫でて過ぎてく なぜいま独 ひと りなの 膝をかかえているの 守りたくて 届けたくて 愛のこの歌 つながっているよ 会えなくっても 空に虹を架けて 約束の君へ つながっているよ 会えなくっても 両手伸ばしそっと 君を抱きしめ あの頃僕ら 青い麦の穂で いつか金色になる 夢を語り明かした なぜいま壊れるの 信じあう心まで 涙ふいて 思い出して 愛のこの歌 つながっているよ 会えなくっても 海の夕陽越えて 約束の君へ つながっているよ 会えなくっても 胸の奥にそっと 君が聞こえる つながっているよ 会えなくっても 両手伸ばしそっと 君を抱きしめ hitomi wo to zi te kimi wo u kabe teru haru no yasasii kaze ga hoo wo na de te su gi te ku naze ima doku hito rina no hiza wo kakae te iru no mamo ri taku te todo ke taku te ai no kono uta tunagaxtu te iru yo a e nakuxtu te mo sora ni nizi wo ka ke te yakusoku no kimi he tunagaxtu te iru yo a e nakuxtu te mo ryoute no basi sotto kimi wo ida kisime ano koro boku ra ao i mugi no ho de ituka kiniro ni naru yume wo kata ri a kasi ta naze ima kowa reru no sin ziau kokoro made namida hui te omo i da si te ai no kono uta tunagaxtu te iru yo a e nakuxtu te mo umi no yuuhi ko e te yakusoku no kimi he tunagaxtu te iru yo a e nakuxtu te mo mune no oku ni sotto kimi ga ki koeru tunagaxtu te iru yo a e nakuxtu te mo ryoute no basi sotto kimi wo ida kisime. 気 きまぐれな 秒針 びょうしんを 気 きがつきゃ 君 きみに 握 にぎらせて 胸 むねの 鼓動 こどう 預 あずけてたみたい 揺 ゆれ 動 うごく 日々 ひびの 色 いろ 心 こころのフィルム 足踏 あしぶみも 息遣 いきづかいも 君 きみのさじ 加減 かげん 次 つぎ 会 あう 日 ひはいつかな 歳 としし 重 かさねる 度 たびに 時々 ときどき 思 おもい 焦 こがれ 天 てんの 定 さだめに 憂 うれう 度 たびに 心 こころから 溢 あふれる 愛 あいを 君 きみに 叫 さけぼう 僕 ぼくは 何年 なんねん 経 たっても 君 きみを 愛 あいしてる 僕 ぼくの 代 かわり 映 ばえのない 日々 ひびに 花束 はなたばを 添 そえるだけ 添 そえて 勝手 かってにいなくて 離 はなれないでと 言 いったのは 君 きみじゃないか 幸 しあわせに 悩 なやめていることに 気 きづいてないラブソング ダメだまた 考 かんがえてる『 君 きみ』のことばかり 今 いまはまだ 動 うごかせない 栞 しおりの 位置 いちも いつかまた 続 つづきのページ 二人 ふたりで 捲 めくろう 決 きめられた 配役 はいやくは とても 素敵 すてきだけど 少 すこし 息苦 いきぐるしくて 天 てんの 定 さだめに 憂 うれうけれど 心 こころから 溢 あふれる 愛 あいを 君 きみに 叫 さけぼう 僕 ぼくは 何年 なんねん 経 たっても 君 きみを 愛 あいしてる 僕 ぼくの 代 かわり 映 ばえのない 日々 ひびに 花束 はなたばを 添 そえるだけ 添 そえて 勝手 かってにいなくて 離 はなれないでと 言 いったのは 君 きみじゃないか 次 つぎ 会 あう 日 ひはいつかな 歳 とし 重 かさねる 度 たびに 秒針 びょうしんを 握 にぎる 手 てが 解 ほどけてくのかい 今 いまはまだ 記憶 きおくの 中君 なかのきみの 残 のこりをかき 集 あつめてばかりいる 僕 ぼくは 何年 なんねん 経 たったら 君 きみに 会 あいたくなって どうしようもない 日々 ひびの 繰 くり 返 かえしから 抜 ぬけ 出 だせるの 一 いっ 回 かいでいいから ねえ、 会 あえないかな そしたらずっと 離 はなさないのに 何年 なんねん 経 たっても 君 きみを 愛 あいしてる 僕 ぼくの 代 かわり 映 ばえのない 日々 ひびに 花束 はなたばを 添 そえるだけ 添 そえて 勝 かてにいなくて 離 はなれないでと 言 いったのは 君 きみじゃないか 気 ki まぐれな magurena 秒針 byoushin を wo 気 ki がつきゃ gatsukya 君 kimi に ni 握 nigi らせて rasete 胸 mune の no 鼓動 kodou 預 azu けてたみたい ketetamitai 揺 yu れ re 動 ugo く ku 日々 hibi の no 色 iro 心 kokoro の no フィルム firumu 足踏 ashibu みも mimo 息遣 ikiduka いも imo 君 kimi のさじ nosaji 加減 kagen 次 tsugi 会 a う u 日 hi はいつかな haitsukana 歳 toshishi 重 kasa ねる neru 度 tabi に ni 時々 tokidoki 思 omo い i 焦 ko がれ gare 天 ten の no 定 sada めに meni 憂 ure う u 度 tabi に ni 心 kokoro から kara 溢 afu れる reru 愛 ai を wo 君 kimi に ni 叫 sake ぼう bou 僕 boku は ha 何年 nannen 経 ta っても ttemo 君 kimi を wo 愛 ai してる shiteru 僕 boku の no 代 ka わり wari 映 ba えのない enonai 日々 hibi に ni 花束 hanataba を wo 添 so えるだけ erudake 添 so えて ete 勝手 katte にいなくて niinakute 離 hana れないでと renaideto 言 i ったのは ttanoha 君 kimi じゃないか janaika 幸 shiawa せに seni 悩 naya めていることに meteirukotoni 気 ki づいてない duitenai ラブソング rabusongu ダメ dame だまた damata 考 kanga えてる eteru『 君 kimi』 のことばかり nokotobakari 今 ima はまだ hamada 動 ugo かせない kasenai 栞 shiori の no 位置 ichi も mo いつかまた itsukamata 続 tsudu きの kino ペ peー ジ ji 二人 futari で de 捲 meku ろう rou 決 ki められた merareta 配役 haiyaku は ha とても totemo 素敵 suteki だけど dakedo 少 suko し shi 息苦 ikiguru しくて shikute 天 ten の no 定 sada めに meni 憂 ure うけれど ukeredo 心 kokoro から kara 溢 afu れる reru 愛 ai を wo 君 kimi に ni 叫 sake ぼう bou 僕 boku は ha 何年 nannen 経 ta っても ttemo 君 kimi を wo 愛 ai してる shiteru 僕 boku の no 代 ka わり wari 映 ba えのない enonai 日々 hibi に ni 花束 hanataba を wo 添 so えるだけ erudake 添 so えて ete 勝手 katte にいなくて niinakute 離 hana れないでと renaideto 言 i ったのは ttanoha 君 kimi じゃないか janaika 次 tsugi 会 a う u 日 hi はいつかな haitsukana 歳 toshi 重 kasa ねる neru 度 tabi に ni 秒針 byoushin を wo 握 nigi る ru 手 te が ga 解 hodo けてくのかい ketekunokai 今 ima はまだ hamada 記憶 kioku の no 中君 nakanokimi の no 残 noko りをかき riwokaki 集 atsu めてばかりいる metebakariiru 僕 boku は ha 何年 nannen 経 ta ったら ttara 君 kimi に ni 会 a いたくなって itakunatte どうしようもない doushiyoumonai 日々 hibi の no 繰 ku り ri 返 kae しから shikara 抜 nu け ke 出 da せるの seruno 一 ixtu 回 kai でいいから deiikara ねえ nee、 会 a えないかな enaikana そしたらずっと soshitarazutto 離 hana さないのに sanainoni 何年 nannen 経 ta っても ttemo 君 kimi を wo 愛 ai してる shiteru 僕 boku の no 代 ka わり wari 映 ba えのない enonai 日々 hibi に ni 花束 hanataba を wo 添 so えるだけ erudake 添 so えて ete 勝 ka てにいなくて teniinakute 離 hana れないでと renaideto 言 i ったのは ttanoha 君 kimi じゃないか janaika. Every time I get older, the hand holding the second hand Will it be solved yet? All Rights Reserved 「 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

約束のしおり

🌭 And please follow our blogs for the latest and best Japanese JPOP music, songs, pops and ballads. しおりさん『二人の約束』の歌詞 フタリノヤクソク words by シオリ music by シオリ Performed by シオリ. 気 きまぐれな 秒針 びょうしんを 気 きがつきゃ 君 きみに 握 にぎらせて 胸 むねの 鼓動 こどう 預 あずけてたみたい 揺 ゆれ 動 うごく 日々 ひびの 色 いろ 心 こころのフィルム 足踏 あしぶみも 息遣 いきづかいも 君 きみのさじ 加減 かげん 次 つぎ 会 あう 日 ひはいつかな 歳 としし 重 かさねる 度 たびに 時々 ときどき 思 おもい 焦 こがれ 天 てんの 定 さだめに 憂 うれう 度 たびに 心 こころから 溢 あふれる 愛 あいを 君 きみに 叫 さけぼう 僕 ぼくは 何年 なんねん 経 たっても 君 きみを 愛 あいしてる 僕 ぼくの 代 かわり 映 ばえのない 日々 ひびに 花束 はなたばを 添 そえるだけ 添 そえて 勝手 かってにいなくて 離 はなれないでと 言 いったのは 君 きみじゃないか 幸 しあわせに 悩 なやめていることに 気 きづいてないラブソング ダメだまた 考 かんがえてる『 君 きみ』のことばかり 今 いまはまだ 動 うごかせない 栞 しおりの 位置 いちも いつかまた 続 つづきのページ 二人 ふたりで 捲 めくろう 決 きめられた 配役 はいやくは とても 素敵 すてきだけど 少 すこし 息苦 いきぐるしくて 天 てんの 定 さだめに 憂 うれうけれど 心 こころから 溢 あふれる 愛 あいを 君 きみに 叫 さけぼう 僕 ぼくは 何年 なんねん 経 たっても 君 きみを 愛 あいしてる 僕 ぼくの 代 かわり 映 ばえのない 日々 ひびに 花束 はなたばを 添 そえるだけ 添 そえて 勝手 かってにいなくて 離 はなれないでと 言 いったのは 君 きみじゃないか 次 つぎ 会 あう 日 ひはいつかな 歳 とし 重 かさねる 度 たびに 秒針 びょうしんを 握 にぎる 手 てが 解 ほどけてくのかい 今 いまはまだ 記憶 きおくの 中君 なかのきみの 残 のこりをかき 集 あつめてばかりいる 僕 ぼくは 何年 なんねん 経 たったら 君 きみに 会 あいたくなって どうしようもない 日々 ひびの 繰 くり 返 かえしから 抜 ぬけ 出 だせるの 一 いっ 回 かいでいいから ねえ、 会 あえないかな そしたらずっと 離 はなさないのに 何年 なんねん 経 たっても 君 きみを 愛 あいしてる 僕 ぼくの 代 かわり 映 ばえのない 日々 ひびに 花束 はなたばを 添 そえるだけ 添 そえて 勝 かてにいなくて 離 はなれないでと 言 いったのは 君 きみじゃないか 気 ki まぐれな magurena 秒針 byoushin を wo 気 ki がつきゃ gatsukya 君 kimi に ni 握 nigi らせて rasete 胸 mune の no 鼓動 kodou 預 azu けてたみたい ketetamitai 揺 yu れ re 動 ugo く ku 日々 hibi の no 色 iro 心 kokoro の no フィルム firumu 足踏 ashibu みも mimo 息遣 ikiduka いも imo 君 kimi のさじ nosaji 加減 kagen 次 tsugi 会 a う u 日 hi はいつかな haitsukana 歳 toshishi 重 kasa ねる neru 度 tabi に ni 時々 tokidoki 思 omo い i 焦 ko がれ gare 天 ten の no 定 sada めに meni 憂 ure う u 度 tabi に ni 心 kokoro から kara 溢 afu れる reru 愛 ai を wo 君 kimi に ni 叫 sake ぼう bou 僕 boku は ha 何年 nannen 経 ta っても ttemo 君 kimi を wo 愛 ai してる shiteru 僕 boku の no 代 ka わり wari 映 ba えのない enonai 日々 hibi に ni 花束 hanataba を wo 添 so えるだけ erudake 添 so えて ete 勝手 katte にいなくて niinakute 離 hana れないでと renaideto 言 i ったのは ttanoha 君 kimi じゃないか janaika 幸 shiawa せに seni 悩 naya めていることに meteirukotoni 気 ki づいてない duitenai ラブソング rabusongu ダメ dame だまた damata 考 kanga えてる eteru『 君 kimi』 のことばかり nokotobakari 今 ima はまだ hamada 動 ugo かせない kasenai 栞 shiori の no 位置 ichi も mo いつかまた itsukamata 続 tsudu きの kino ペ peー ジ ji 二人 futari で de 捲 meku ろう rou 決 ki められた merareta 配役 haiyaku は ha とても totemo 素敵 suteki だけど dakedo 少 suko し shi 息苦 ikiguru しくて shikute 天 ten の no 定 sada めに meni 憂 ure うけれど ukeredo 心 kokoro から kara 溢 afu れる reru 愛 ai を wo 君 kimi に ni 叫 sake ぼう bou 僕 boku は ha 何年 nannen 経 ta っても ttemo 君 kimi を wo 愛 ai してる shiteru 僕 boku の no 代 ka わり wari 映 ba えのない enonai 日々 hibi に ni 花束 hanataba を wo 添 so えるだけ erudake 添 so えて ete 勝手 katte にいなくて niinakute 離 hana れないでと renaideto 言 i ったのは ttanoha 君 kimi じゃないか janaika 次 tsugi 会 a う u 日 hi はいつかな haitsukana 歳 toshi 重 kasa ねる neru 度 tabi に ni 秒針 byoushin を wo 握 nigi る ru 手 te が ga 解 hodo けてくのかい ketekunokai 今 ima はまだ hamada 記憶 kioku の no 中君 nakanokimi の no 残 noko りをかき riwokaki 集 atsu めてばかりいる metebakariiru 僕 boku は ha 何年 nannen 経 ta ったら ttara 君 kimi に ni 会 a いたくなって itakunatte どうしようもない doushiyoumonai 日々 hibi の no 繰 ku り ri 返 kae しから shikara 抜 nu け ke 出 da せるの seruno 一 ixtu 回 kai でいいから deiikara ねえ nee、 会 a えないかな enaikana そしたらずっと soshitarazutto 離 hana さないのに sanainoni 何年 nannen 経 ta っても ttemo 君 kimi を wo 愛 ai してる shiteru 僕 boku の no 代 ka わり wari 映 ba えのない enonai 日々 hibi に ni 花束 hanataba を wo 添 so えるだけ erudake 添 so えて ete 勝 ka てにいなくて teniinakute 離 hana れないでと renaideto 言 i ったのは ttanoha 君 kimi じゃないか janaika. 今はまだ動かせない栞の位置も いつかまた続きのページ二人で捲ろう 決められた配役は とても素敵だけど 少し息苦しくて 天の定めに憂うけれど 心から溢れる愛を君に叫ぼう 僕は何年経っても君を愛してる 僕の代わり映えのない日々に花束を 添えるだけ添えて勝手にいなくて 離れないでと言ったのは君じゃないか 次会う日はいつかな 歳重ねる度に 秒針を握る手が 解けてくのかい今はまだ 記憶の中君の残りをかき集めてばかりいる 僕は何年経ったら君に会いたくなって どうしようもない日々の繰り返しから 抜け出せるの 一回でいいから ねえ、会えないかな そしたらずっと離さないのに 何年経っても君を愛してる 僕の代わり映えのない日々に花束を 添えるだけ添えて勝手にいなくて 離れないでと言ったのは君じゃないか. しおりさん『二人の約束』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

5

Lyrics ACE COLLECTION

☘。 。

2

中澤卓也 約束

😀。 。 。

中澤卓也 約束

✇。 。 。

12

ACE COLLECTION 約束のしおり 歌詞

✍。 。 。

7

二人の約束 しおり 歌詞情報

💕。

15