Smbc ソース コード。 三井住友銀行などのソースコードが流出 “年収診断”したさにGitHubに公開か【追記あり】

SMBCのコード流出の艦これユーザーの本名は?会社はどこ?年収300万の無敵の人?

🤔 しかし、ソースコードを持ち帰っていることや、 守秘義務を含めたコンプライアンス問題に発展することは間違いありません。 横須賀市に住んでいる こんな感じです。

14

【悲報】SMBCのソースコードを流出させたSEさん、40代で年収300万円であることが判明…

☢ 軽い気持ちかどうかは分かりませんが、特に深く考えず、自分の推定年収を計算するためにアップしたという事なのでしょうか。 と発表を行いました。 Q:守秘義務は無かったんですか? GitHubは禁止するべきなのか もし今回の事件をふまえて「GitHubは禁止するべきだ」という話がどこかで持ち上がっているようであれば、その考え方はナンセンスだと言わざるを得ません。

13

GitHub上に三井住友銀の一部コードが流出、「事実だがセキュリティーに影響せず」

⌚ システムに関わる重大なことを流出させたと分かっている人が見ると、大事でただではすまないと思うのですが、本人はいたって呑気な様子で、悪気があって流出させたのではなく、ただ無知なだけという様子。 ソースコードはSMBCの他にも68本のプログラムのコードの断片があり や 、警察の 関連の物も見つかっているそうです。 今回、このような事件を引き起こしたこの人にはもちろん無理でしょうが、中国に行けば、SEというだけで、年収のケタが1つ違うなんてことがザラにあります。

【悲報】艦これユーザーさん、SMBCのソースコードをGithubに公開…日銀や警視庁のも含む模様

🤝 自分が作ったコードを貼り付けると年収を予測してくれるサービスを試すため、githubに自分の仕事で作ったコードを全部入れた• コミットの際には、作業者や作業内容なども合わせて記録できる。 要するに自分のエンジニアのスキルをアピールするには、そこに自分がプライベートで書いたコードをアップして、その「作品」を評価してもらうということになるわけですが、今回の事件はそうではなくて、エンジニアが業務で書いたもの、しかもその本物をアップしてしまったということのようです。 トレンドマイクロは、同社のテストラボ環境がハッカーによる攻撃を受けてウイルス対策ソフトのソースコードなどが流出したと報じられた問題で、「不正アクセスを受けてデバック用ファイルが流出した」と認めた。

14

【業界震撼】SMBCのソースコード流出事件について|せちか│磨き系YouTuber@毎日Noteフォロバ100%|note

😘 発注元のSMBCがあって、そこから元請け企業に開発の仕事が発注され、以下ピラミッドのように下請けに仕事が流れていきます。

SMBCのソースコード流出で考える「自覚の無い情報漏洩」。企業が認識すべき新たなリスク。(大元隆志)

🔥 何かと銀行に関するトラブルが続きますね。 その口論がきっかけとなり、そのユーザーの本名や会社が特定され、さらにその人物がGitHubにあげていたソースコードの中に大手大企業の社名が含まれているものが見つかりました。

4

【悲報】SMBCのソースコードを流出させたSEさん、40代で年収300万円であることが判明…

⚡ 公開されているソースコードの閲覧や簡単なバグ管理機能、SNSの機能を備えており、開発者にとって無くてはならないサービスです。 よって今回ソースコードを流出させた人間についても「多重下請け構造のどこかに存在した人」ということしかわかりません。

3

三井住友銀ソースコード流出を招いた「エンジニア冷遇」と日本の社会構造

💋 通信販売大手のジャパネットたかたは、同社が情報流出に関与したとする元社員に対して 1億1000万円の損害賠償を求めて提訴。 「Githubにソースコードをアップロードしたらどうなるか分かるでしょ」と思う人も居るかもしれないが、「 知らない人は知らない」のである。 。

17