俺ガイル ss 八幡 イケメン バスケ。 比企谷八幡 「・・・もう一度会いたかった」

八幡「やはり俺は合コンになど来るべきではない。」

✌ 次はスコッティシュホールドでも触りに行こうぜ」 雪菜「八幡」 チャラ男2「なんだよ彼氏持ちかよ」 チャラ男1「爆発しろ!」 雪菜「………ありがとう」ギュ 八幡「お、おう…」 八幡(まさか感謝の言葉もらえるとは思わなかった。

17

いろは「せんぱいと私は体の相性も最高です!」八幡「おい!」【俺ガイルss/アニメss】

☎ だからいつもと違ってみえるだけじゃないか?」 雪ノ下「そんな程度であなたの目が蘇生したというの?まるで信じられないわね」 八幡「なにその局所ザオリクみたいな言い方」 32: やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 55 八幡「……」ペラペラ 雪乃「……」ペラペラ 由比ヶ浜「……」ピコピコ 雪乃「もう、こんな時間ね……この辺にしておきましょうか」 由比ヶ浜「じゃあ、ゆきのん。

比企谷小町「お兄ちゃんに本気を出させたらどうなるか」

🤝 」 雪乃「私はHHだわ。

20

比企谷小町「お兄ちゃんに本気を出させたらどうなるか」

💙 すぐメールできて. それがすんだら早く行きましょう」 八幡「すぐかよ」 「あなたには悪いけど拒否権はないわ。 だからおまえと呼ぶのやめなさい。

比企谷八幡 「・・・もう一度会いたかった」

💖 あなた坊主姿全然に合わないわね………」 八幡「笑ってんじゃねぇよ」 八幡「で、なんか用か」 雪ノ下「あれだけ大口叩いて結局葉山くんと姉さんに追い詰められて捕まった哀れ谷くんを笑ってあげようと思ってね」 八幡「面会は以上のようです」 雪ノ下「あぁ、冗談よ冗談!」 八幡「だったらなんだ!この姿あんま人に見られたくないんだよ!」 雪ノ下「それは、その……」 雪ノ下「心配で」 八幡「……………槍でも降るのか?」 雪ノ下「勘違いしないで欲しいのだけれど、あなたは一応私の数少ない知人の1人であって、その人が波乱万丈な人生を送ったあげく牢獄に入れられたとあっては嫌でも心配になるのが普通でしょう。 ただ起きないから寝かせといただけだ。 あなたたちがこの包囲を解かない限り、十分に一人ずつ人質を殺していきます」 雪ノ下「比企谷くんッ!!」 八幡「あー、雪ノ下、今は黙ってろ」 八幡「我々の要求は1つ。

八幡「俺の目が腐ってないだと....?!」

😙 」 雪乃「それはどうかしら?昔も言ったけれど私は一般の女子高生とはかけ離れた価値基準を持っているのよ。 ちょっとだけだぞ・・・」コソコソ 八幡(まあ、卒業式以来だしなぁ。 」 雪乃「クラスは同じなのかしら?」 八幡「クラスは違うな。

20

いろは「付き合ってください」 八幡「はぁ?」

🤞 YYだよ。 それに今日だけだし 雪ノ下「そうと決まれば行きましょう 鍵を返してくるから二人は校門前で待ってて」 由比ヶ浜「うん!わかった!じゃあ行こヒッキー!」ギュッ 八幡「やっぱりビッチか. 私はあなたと雪乃の子なのよ」 八幡(はあ!?はああああああ!!俺と雪ノ下の子供だあ!?) 八幡(たしかに好きはとても他人に思えなかったが…それに俺と小町と同じたしかに似てるが) 八幡(じゃあ比企谷雪菜という名前も俺と雪ノ下が結婚したというのか………全く想像できねえが) 八幡(それに俺はいろはと結婚して夫婦仲良好だし…そうなるはずが わけがわからないよ) 雪菜「…悩む必要はないわ…もうその未来は訪れないから」 八幡「…どういう意味だ」 雪菜「なくなったの…あなたのせいでね」 八幡「っ」 八幡「…俺が」 雪菜「そうよ…もっと詳しく言えばあなたとのせい」 八幡「なに!いろはも」 八幡(俺はともかくなんでいろはもなんだ?あいつと雪ノ下は一度もケンカしたことがない、今も交流を続けるくらい親しいんだぞ) 雪菜「お父さんとお母さんが結ばれるにはあの卒業式の告白を了承すること…あるいは逆に告白すること」 八幡(あのときか…そのころまだ自分の本当の気持ちがどうか…はっきりわからなくて、そんな曖昧な気持ちで雪ノ下やと付き合うのはあいつらに失礼だと思って告白を受け取らなかったんだが…) 雪菜「複雑そうな顔してるけど、これはまだいいのよチャンスはいくらでもあったから…もう一つの条件さえ満たしていればね」 八幡「そうなのか?」 八幡(意外だったな) 雪菜「八幡がお母さんと同じ大学に進学すること」 八幡「!?」 雪菜「さっきいったよね卒業式で告白を受け取らなくてもチャンスはいくらでもあるって それは同じ大学に進学していれば会う機会はいくらでもあるもの 実際私も大学二年生の時付き合い始めたと聞かされていたから」 八幡(あの冷静だった雪菜が取り乱し涙をポロポロと流す姿を見て俺は胸が締め付けられるような心の痛みを感じずにいられなかった) 雪菜「なんで…なんでなの…お母さんの事を理解してくれる男性はあなたしかいなかったのに! やっと…やっとお母さんは自分の事を理解してくれる人と巡り会えたのに 」 八幡「雪菜…」 雪菜「どうしてよ…どうしてあなたはを選んだの…お母さんにはあなたしかいなかったのに…なんでなの」 八幡(何も言い返す事ができなかった…慰めの言葉をかけても雪菜の状況は変わらない…むしろ傷つけてしまうだろう。

14