浦和 競馬 結果。 浦和競馬 結果: 南関東競馬で稼ぐ予想屋のブログ

地方競馬 ライブ動画 トップ :楽天競馬

👆 26日にダートで馬なりに乗られ、30日の坂路最終追いでは馬なりで53秒4-12秒4。 なお、1分23秒8というセタノキングの勝ちタイムは、いまなお浦和ダート1400mのコースレコードとして記録されている。

地方競馬 ライブ動画 トップ :楽天競馬

🙄 逃げ馬は連続好走が難しく、前走ので逃げ切り勝ちをしたことで、このレースで反動が出たのだろう。 さらに穴馬を探るために、5番人気以下で連対した馬たちを見ていくと、2011年のジーエスライカー(6番人気)、2012年のナイキマドリード(5番人気)、2014年の(7番人気)と全て地方馬ということ以外に、このレースでの位置取りが4コーナー先頭という共通項がありました。 そして直前30日にCウッド併せ馬で、大きく追走しての先着を果たしている。

11

さきたま杯2021

😈 しかし、ここへ出走してきた3着以内の馬で、唯一、1400m以下のダートグレードで連対実績がなかったのもこの馬。

2

さきたま杯2021

☢ つまり、1400m以下のダートグレードで連対実績のあるの3着以内の馬ならば、信頼できることになる。 1400m戦以下のダートグレードで連対実績があることが条件 ・の連対馬。

11

楽天競馬:地方競馬全場のオッズ・予想・投票・レース映像を提供

💔 1400m戦以下のダートグレードで連対実績があることが条件 ・の連対馬。

10

楽天競馬:地方競馬全場のオッズ・予想・投票・レース映像を提供

😘 昨年の勝ち馬というだけでも評価に値するが、17年1着ホワイトフーガ(父クロフネ)、18年1着&19年2着サクセスエナジー(2代母の父Deputy Minister)とDeputy Ministerの血を引く馬が4年連続で連対していることも追い風となりそうだ。 ワンターンコースでは切れ負けしている印象なので、機動力を活かせる小回りコースは歓迎だろう。 2着の該当馬は、2016年の、2017年の。

1