コロナ 医療 崩壊。 起こるはずのない「医療崩壊」日本で起きる真因

起こるはずのない「医療崩壊」日本で起きる真因

🙂 2020年の春から新型コロナ感染が起きているのだから、その時からICUの病床と人工呼吸器を増やしておけばよかったのではないかということなのですが、増えなかったのには理由があります。 今城健二副院長がNHKの取材に応じ、感染力が強いとされる変異ウイルスの感染拡大について「重症者はこれまで60代以上が多かったが、30代でも重症化している。

1

新型コロナ、医療崩壊させないために必要なこと:日経ビジネス電子版

🙃 鳥インフルエンザだけではなく、豚コレラ(豚熱)も感染が各地で確認されている。

10

医療崩壊の次は、行政崩壊? ~ 新型コロナだけではない危機(中村智彦)

📞 ここでは、ややもするとぼんやりとしたイメージだけで語られがちな医療逼迫そして医療崩壊という問題をいくつかの基礎的なデータを踏まえて一考してみたい。 著書に『日本国の原則』(石橋湛山賞受賞)など。

9

RIETI

👈 他の診療科はコロナ診療のお手伝い(発熱外来などの軽症者)をする事はあってもメイン(重症患者ケア)にはなり得ません。 また、ことが報告されており、受診が遅れることで重症の病態まで進展してから診断に至る症例が増えています。 政府の発表も二転三転し皆様も日々ストレスのたまる生活をされていると思います。

18

医療資源が不足していない日本で「コロナ医療崩壊」が起きる理由

☏ ニューヨーク州クオモ知事(去年3月) 「(今後)11万のベッドが必要になるだろう。 今回新型コロナウイルス感染症により、これまでかろうじて医療崩壊を避けて来た地域ばかりでなく、これまで豊富な医療資源を有していた大都市圏でも医療崩壊が生じています。

9

“医療崩壊”が炙り出した日本の医療制度大問題 国民への自粛要請より「開業医の積極貢献」を促せ(1/8)

😊 一方、国の感染症対策に協力をしない中小病院や診療所に対しては、経営が苦しくなっているからという理由だけで、財政支援を行うのを控えるべきではないだろうか。 感染症指定病院の医療スタッフたちは、新型コロナとの終わりの見えない闘いで消耗しており、体制の拡大は必要不可欠だが、感染症指定病院ではない普通の病院にとって、新型コロナ患者を受け入れることは大変ハードルが高いのが実情である。 残業時間が長いなどの労働環境の悪さに加え、開業医に比べて収入が低いなどの事情が災いしている。

8

日本は「病床数は世界一」なのに、なぜ新型コロナで医療崩壊寸前になるのか

😊 医療崩壊が起こると、コロナ以外の疾患の診療にも影響が 海外でも「新型コロナによる、新型コロナ以外の疾患への影響」が問題になっており、特にこれまでに爆発的な患者の増加が見られた欧米では深刻な問題となっています。

12

新型コロナ「医療崩壊」のウソと現実…なぜ重症病床がこんなに少ないのか(週刊現代)

😩 一部では差別を受け、給与も減らされ、絶望を覚えている人も少なくないはずで現状、離職者も沢山います。 鳥インフルエンザなどは、徐々に拡大しており、時限爆弾を抱えているような状況だ。

8

起こるはずのない「医療崩壊」日本で起きる真因

😊 そこに入りきれない77人の重症者が中等症の病床などで治療を受け、1人は滋賀県に搬送されている。