ドロップ ダウン リスト。 ドロップダウンリストとINDIRECT関数を組み合わせた活用

エクセル(Excel)で2つのプルダウンリストを連動しよう♩+INDIRECT関数

🙄 今回はセル「H5~H12」に「ボールペン、シャープペンシル、消しゴム、三角定規、筆箱、パスケース、ノート、メモ帳」までを入力しました。

10

VBAを使ったドロップダウンリストの編集方法【仕事で使える機能を設定】

✇ この欄の右端のボタンをクリックすると、 ダイアログボックスが元の大きさに戻るので、[OK]ボタンをクリックします。 上図はエクセル家計簿に設定された、ドロップダウンリストを表示させるVBAです。

14

Excel(エクセル)のプルダウンメニュー(ドロップダウンリスト)の作成方法|ドスパラ通販【公式】

😁 リボンの [ データ] タブから、[ データの入力規則] をクリックします。

17

Excelでプルダウン(ドロップダウンリスト)を作成・編集する方法とは?

😈 つまり、プルダウンの設定において、「名前」機能を使うことに問題はないのです。 スポンサーリンク プルダウンする選択肢の中身を準備 まずは、プルダウンする選択肢として表示させたいデータを、 どこでもいいので、セルに入力していきます。

PDFにプルダウンメニューをつけることが簡単に出来る

👐 ドロップダウンリストのコピーをする 【手順】• 今回は「C5」セルを選択します。 ドロップダウンリストに設定したいセルを、右クリックして「形式を選択して貼り付け」をクリックします。

11

Excelのプルダウン(ドロップダウン)リストを作成して選択入力を可能にする:Tech TIPS

😚 見積書の項目列をクリックするとドロップダウンリストが作成され、商品名を選択できるようになっています。 [データの入力規則]ダイアログが開くので、[設定]タブの「入力値の種類」のプルダウンリストから[リスト]を選択する。 シート2のB2:B9セルに入力しました。

Excelで基本のプルダウンリスト[ドロップダウンリスト]の作成

👋 別のセルやシートにリストを作成している場合、既存のプルダウンリスト項目を変更するだけなら、単にそのリストのセルを編集して書き換えるだけで、自動的にプルダウンリストが更新される。 ドロップダウンリストの設定はVBAで行うことが絶対におすすめ VBAを使わないでエクセルのツールからドロップダウンリストを設定している方が多いと思います。

14

VBAを使ったドロップダウンリストの編集方法【仕事で使える機能を設定】

😆 ドスパラではOffice搭載パソコンを販売しております。 INDIRECT関数で連動させる さて、ここからがこのページの重要ポイントです。

20

入力規則で複数のドロップダウンリストを連動させる

👈 簡単ですねー。 [元の値]の入力欄に、項目が直接指定されていることが分かります。

17