大阪 都 構想 選挙 権。 住民投票で都構想否決の民意を無視、一元化条例可決で大阪市の財源”カツアゲ”を進める維新 « ハーバー・ビジネス・オンライン

市民の自治権奪う「大阪都構想」 大阪市の廃止狙う維新 背後で蠢く外資や財界

🖕 どれだけ、大阪市の財源をあてにし続けたのか、この10年。

8

18歳選挙権なら実現していた「大阪都構想」。若者が投票すれば社会が変わる初の選挙となるか!(高橋亮平)

😘 主権者として責任のある1票を投じてほしい。

7

大阪都構想で“敵認定”された「大阪の公務員」、彼らが語った「やりきれぬ思い」(松本 創)

😂 ただ、この行政改革構想は目新しいものではなく、大阪では1953年に府議会が決議した「大阪産業都構想」に始まり、近年では「大阪新都構想」(2004年)「二府四県の関西州構想」など、関西圏の財界の意向を背景に何度も浮かんでは消えてきたものだ。

11

大阪都構想住民投票結果はシルバー民主主義の象徴?

⌚ 東京23区が東京都人口の7割を擁しているのに比べ、大阪市 4特別区 の大阪府における人口比率は3割に過ぎず、多勢に無勢となる。 それは東京や国に対抗するような格好を取りながら登場したが、アメリカが日本に要求してきた構造改革の実行であり、TPPや規制緩和、郵政民営化などの延長線上にあるものだ。 5年前に「これで最期。

「大阪都」1万7167票差で否決 データで見る住民投票:日本経済新聞

📱。

住民投票で都構想否決の民意を無視、一元化条例可決で大阪市の財源”カツアゲ”を進める維新 « ハーバー・ビジネス・オンライン

🖖 日本全国を見回してみても、自民党と共産党が手と手を携えるのは、ここだけではないでしょうか。 大阪維新の会には、国会議員はもとより弁護士などの法曹関係者も多く在籍していますが、特別区設置法の制定後に、大阪維新の会や橋下徹氏自身が、この法律が大阪府の大阪都への名称変更を可能にするものではないという欠陥を自ら認め、住民投票後の法整備を公言していたことから考えると、特別区設置法の制定過程に大阪維新の会の関係者(少なくとも会の幹部に近い関係者)が深く関与したとは到底思えません。 大阪維新の会が提唱した、大阪都構想の本来の目的は、大阪の大都市機能の強化であり大阪府を大阪都とすることで、広域行政自治体としての「大阪府の権限・財源の強化」にあったことは明白です。

18