時短 営業 協力 金。 時短営業で“月180万円ボロ儲け”……ここがおかしい時短協力金制度:古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」(1/3 ページ)

緊急事態宣言延長 時短の飲食店“1日も早く協力金支給を”|NHK 岡山県のニュース

🤚 藤嶋さんが都の要請に従わない理由の一つは、これまで要請に応じてきて支払われるはずの協力金の一部がまだ支払われていないことだといいます。 時短要請に応じた飲食店には協力金が支給されるが、地域によって要請期間や支給条件等が異なる。

13

時短営業の「協力金186万円」もらいながら「隠れ営業」するバーの言い分…収入総額600万超えの店も

💓 5月1日~11日までの協力金については、5月31日までの分と一括での申請が基本ですが、5月1日~11日分を先行して申請可能です。 本協力金支出事務の円滑・確実な実行を図るため、必要に応じて、東京都は、対象店舗の営業時間短縮の取組に係る実施状況に関する検査、報告又は是正のための措置を求めることがあります。

時短営業で“月180万円ボロ儲け”……ここがおかしい時短協力金制度:古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」(1/3 ページ)

✇ 以下のリンクからご確認ください。 先月25日から発令されている3度目の緊急事態宣言で、府は飲食店に対して酒類などを提供する店舗は休業、提供しない場合は午後8時までの時短営業を求めている。

15

「営業時間短縮に係る感染拡大防止協力金(4/1~4/11実施分)」について|東京都産業労働局

👏 1店舗あたり最大200万円。

【4月・5月】飲食店の「時短営業協力金」23都道府県の概要まとめ。東京・大阪・兵庫ほか

🙂 緊急事態宣言の対象地域でなくても、新型コロナの影響を受けていれば申請できる支援金もあるため、制度の対象になるか、今一度確認していただきたい。 ニュース番組「ABEMAヒルズ」が、今年1月に申請された協力金の支給状況を独自に調査した結果、1都3県の支給率が90%を超えている状況に対し、大阪府は71%と、申請した事業者のおよそ3割が協力金を受け取れていない現状が明らかになった。

4

三重県:三重県時短要請協力金(令和3年4月26日~令和3年5月11日)について(案内)

🖕 しかし、こと時短要請と休業補償の観点からいえばその構図は全く逆だ。

13

新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金(第7弾)について

😎 協力金の申請では、この「宣誓書」の写しを添付する必要がありますので、申請時まで大切に保管してください。