エクセル ドロップ ダウン リスト 連動。 【Excel】エクセルにてプルダウン(ドロップダウン)を3段階で連動させる方法【多段階】

【Excel】エクセルにてプルダウン(ドロップダウン)を3段階で連動させる方法【多段階】

⚛ 追加した新しいシートの先頭行に、 1段階目の選択肢の内容をズラッと入力します。 2段階目の選択肢は、1段階目で選択したデータと同じ名前がついた範囲をリスト表示したいので、を使って、「 左隣のセルに入力されたデータと同じ名前がついた範囲」が、ドロップダウンリストの選択肢として表示されるように設定します。

16

入力規則で複数のドロップダウンリストを連動させる

✆ 例えば、下記のような商品一覧のドロップダウンリストを配列を使って作ってみましょう。 カンマ区切りで選択肢を列挙。

1

Excel:エクセルで複数のプルダウンメニュー(ドロップダウンリスト)を連動する

☭ つまり、セル範囲を文字列に置き換える手間がどうしても生じてしまいます。

3

エクセル(Excel)で2つ以上のプルダウンを連動させる方法[INDIRECT関数]

✆ そんな時は、「OFFSET(オフセット)」関数と「COUNTA(カウントエー)」関数を組み合わせて使うとできます。

3

【Excel】エクセルにてプルダウン(ドロップダウン)を3段階で連動させる方法【多段階】

☎ まずは、都道府県名について名前の定義という作業をします。 「名前の定義」とは、特定のセル範囲に名前をつけることができる機能で、その「名前」が関数の引数などに使えたりするのです。 B2セルのリストで「軽食」を、C2セルのリストで「サンドイッチ」を選んで、D2セルに「玉子・ツナ・ハム」が表示されるか確認しておきます。

18

入力規則で複数のドロップダウンリストを連動させる

💢 リスト内の選択肢を絞り込んで効率化 部署名や性別など、選択肢が決まった項目を入力するときに使う「 ドロップダウンリスト」は便利ですよね。 「元の値」ボックスに「, 半角カンマ 」区切りで「男,女」と入力してOKをクリック 直接入力によるリスト入力の設定 このように入力し、OKボタンをクリックすることで設定できます。 テーブルを標準の範囲に変換しますか? 1番上の「検索値」は見積書の「詳細」のセルをクリックして指定。

9

エクセル時短!連動するドロップダウンリストを作ってみた

🙏 スポンサーリンク 1段階目の選択肢となる元データに名前を定義する ここからは、完成後に選択肢のデータが増えたり減ったりする可能性が ある場合、 ない場合ともに同じ操作となります。

6

連動するドロップダウンリストをテーブルを利用して作成する:Excelの基本操作

♻ リスト(2)も、名前を定義しますが、これは一括で行えます。 それでは、以下の商品表を例にドロップダウンリスト同士を連動させてみましょう。 一方、追加や削除の場合は、前述のように[データの入力規則]ダイアログでの操作が必要だ。

11

Excelで大項目と連動するプルダウンリスト(ドロップダウンリスト)を作成する

✇ Sheet 1のA列にエリアを、B列以降に都道府県名を入力しました。 こちらも選択した状態で「入力規則」をクリックします。 次に、先頭行に入力したものの内容となるデータを入力していきます。

5