ランボルギーニ イオタ。 イオタは何台作られたのか?ランボルギーニ イオタに関する3つのミステリー

1968年式 ランボルギーニ イオタ SVR

✔ いつまでも眺めていられる。 しかし、2008年に出版された福野礼一郎氏の著書によると、イオタはパワートレインやシャーシ部分の一部を除いて、完全にオリジナルであるそうです。

2

ランボルギーニ・イオタ

🤫 ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。 この個体についてウォレスは潤滑系統のエンジン性能への貢献度、操縦性の向上、総合的な製造品質を調べたかっただけと語っている [ ]。

1

【幻のスーパーカー】ランボルギーニ・イオタの伝説を追え!

😁 "S"は"Spinto"で直訳すると「押された」という意であるがミウラでは「チューンされた」という意味で使っている。 There was an example with the same dry-sump engine as "J". 当時の最新ロープロファイルタイヤ「P7 」装着のため、後輪用にノーマルと同じパターンの3ピース ディープリムホイールが によって作られ、それに合わせてリアフェンダーがかなり拡げられている。

世界に一台のみ!?

☏ 当時ミッドシップスポーツはいくつかが市販されていたが、ミウラのような大排気量で横置きのものは初めてで開発は難航した。 ランボルギーニ イオタの価格 当時ランボルギーニ ミウラの新車が800万リラで、SVJが1300万リラでした。 ILZROとは International Lead Zinc Research Organization, Inc. もう一台、じつはオンリーワンのミウラがあります。

1

ランボルギーニ イオタ (J 1969):オリジナル1台は焼失。伝説のスーパーカー

🖖 ILZROでは執行役員副社長シュレード・ラドケ Shrade Radtke がこれを取り仕切っていたが、彼は、このために、の上級スタイリストデザイナー John Foster にコンサルティングを依頼。

12

ランボルギーニ イオタSVRが復活! ランボ自身がレストアを行った伝説車の中身とは

📱 彼は21歳でイタリアに渡り、ランボルギーニに来る前はやでレーサーとして活躍していたがマセラティで一緒だったジャンパオロが1963年に連れてきた。 ベルトーネはこの提案を大歓迎したが、ランボルギーニのプロダクトマネージャー、 Paolo Stanzani はランボルギーニとしてモディファイすることは許可せず、当時すでにベルトーネとモーターショーに向けて製作中だったを使うことを提案した。 頃合を見計らってエンジンがスタートされると、TP400に群がる人々の数は倍にもなったという。

20

世界に一台のみ!?

⚡ 5月9日から11日のランボルギーニ創立40周年記念、本社で開催されたイベントが初出。

10