宮沢 りえ santa fe 写真。 宮沢りえ『全裸監督2』で自身の写真集『Santa Fe』と再会の衝撃(NEWSポストセブン)

宮沢りえの「Santa Fe」をどうにかしてでも見たい!と思っていた、中学生の青臭い物語。

😂 僕の好きな女性画家のジョージア・オキーフと写真家のアルフレッド・スティーグリッツがサンタフェを拠点にしていて、僕にとってあそこは創作の「聖地」なんだ。

20

宮沢りえの「Santa Fe」をどうにかしてでも見たい!と思っていた、中学生の青臭い物語。

☘ 中森 見開きではなく、片ページが白紙になっている写真が多いのはそういう理由もあったんだ。 「今回の出演で改めて宮沢りえの現役を貫く姿に心惹かれた視聴者も多いと思います。

12

宮沢りえ『全裸監督2』で自身の写真集『Santa Fe』と再会の衝撃(NEWSポストセブン)

📲 ところが撮影を終えてポラロイドの確認していたとき、りえママがこう言うんだ。

宮沢りえ『サンタフェ』の衝撃を、いま改めて語り合おう(週刊現代)

😝 国会での児童ポルノ認定を巡る議論 (平成21年)、法務委員会における法案審議の席で、本写真集が「」の定義に当てはまるのかどうかという議論が繰り広げられた。 真剣に考えました。

8

宮沢りえの伝説写真集「Santa Fe」 極秘撮影の舞台裏(NEWSポストセブン)

😊ところがりえママが手帳を開いて「可能性があるとしたら連休明けかしら」と言い出した。 中森 なにしろ当時の宮沢りえは、超トップアイドルだったからね。 簡単に言うと、完全なる無法地帯だったんですけど。

4

【考察】宮沢りえさんが全てをさらけ出した写真集『サンタフェ』の衝撃を今の女優で再現できるとしたら、アノ人しかいないッ!

🙌 力を合わせて借りましたよ。 これは「あなたが美しいので、是非撮らせてください」と言う意味の篠山流の社交辞令だった。

8

宮沢りえ『全裸監督2』で自身の写真集『Santa Fe』と再会の衝撃

✆ 『ヘアヌードの誕生』(イースト・プレス)の著者、安田理央氏が語る。