ゴールデン カムイ 210。 【ゴールデンカムイ】210話ネタバレ感想┃月島軍曹の闇が深かった件【最新話を無料で読む方法も】

ゴールデンカムイ

☭ アシリパは倒れた杉元を心配して近くに行きますが、鯉登少尉が現れて銃を向けられます。

【ゴールデンカムイ】210話ネタバレ感想┃月島軍曹の闇が深かった件【最新話を無料で読む方法も】

☢ ただしそれは決して鶴見が正しいと思っているわけではないし、その人柄に心酔しているわけでもないというところに彼の闇、居場所のなさを感じてしまいます。

3

ゴールデンカムイ210話「甘い嘘」【本誌ネタバレ感想】尾形のメッセージに気づいていた鯉登少尉

☏ 利用されて憤るほどの価値など自分の人生にはなく、そして鶴見中尉の計画の先にあるのは、軍事政権の樹立と第七師団の地位向上、そして戦友が眠る満州を日本の領土にすること…。 「戦友たちは今も満州の冷たい土の中 満州が日本である限り彼らの骨は日本で眠っているのだ」 その上で鯉登少尉は、花沢閣下の死に鶴見中尉殿が関わっているのかと問いかける。 鯉登「それじゃあ鹿児島で偶然出会ったのも仕込みってことではないか?あんな誘拐劇までして…そんなに必要とされていたなんて嬉しいッ」 鯉登はぐいいん、と上半身をのけぞらせながらニヤケ、さらに地面をジタバタと横に回り始める。

5

最新ネタバレ『ゴールデンカムイ』210

⚠ 鶴見中尉が大泊港に到着【ゴールデンカムイ210話】 ー『ゴールデンカムイ』210話より 210話の最後では、鶴見中尉が大泊港に到着したシーンで終わっています。

8

【ゴールデンカムイ】210話ネタバレ感想┃月島軍曹の闇が深かった件【最新話を無料で読む方法も】

⚐ だからこそ鶴見も一番近くに置いているのかもしれませんが。

ゴールデンカムイ最新第210話甘い嘘ネタバレ含む感想と考察。第209話あらすじ。真相に気づいた鯉登少尉だったが……。

🤲 鯉登「そんなに必要とされていたなんて嬉しいッ」 ……いや、鶴見のホントの狙いは鯉登パパの権勢なんだけど。

20

【ゴールデンカムイ】210話ネタバレ感想┃月島軍曹の闇が深かった件【最新話を無料で読む方法も】

👣 「スゴーい!」と言った時の鯉登少尉は表情が強張っており、また冷や汗をかいていたので凄く怪しいと思っていましたが、やはり演技だったようですね。 ただこの時点では、 尾形が父を殺した中央に反感を抱いて鶴見中尉の下で動いたが、真相を知って鶴見陣営から離反した、と捉えているので、ちょっと惜しい。

10

【ゴールデンカムイ】212話ネタバレ感想|鯉登少尉が死んだ!?

⚛ そして鯉登がもし、今回見せたスゴーイ!バタバタ…が演技であるなら、いつか鶴見中尉に対して反旗を翻すような展開もあり得るかもしれないな…と感じました。 それは第七師団長・花沢幸次郎中将。

2

ゴールデンカムイ 最新210話 ネタバレ感想 鯉登に離反フラグ?

👣 行くぞ、みんな乗れ、と鯉登少尉の声が聞こえる。 エノノカの村に着き、犬橇が定位置に止められる。