恵比寿 映像 祭。 「第12回恵比寿映像祭」(2/7~2/23)が「時間を想像する」をテーマに開幕! 注目の作品をご紹介します。〈東京都写真美術館ほか〉

第13回恵比寿映像祭が開催〜テーマは「映像の気持ち」

✍ 10回目の開催となる今回は「インヴィジブル Mapping the Invisible」をテーマに据えて、映像の見方の歴史を考察し、現代における「インヴィジブル(見えないもの)」を読み解くことで未来の可能性を探る。

恵比寿映像祭が2月8日から東京都写真美術館で開催

😔 展示や上映の作品から、鑑賞者と映像を巡り・楽しみ・考えるプログラム「YEBIZO MEETS」の展開までを通じて、多様な映像表現に触れていきます。 恵比寿は特にギャラリーや文化施設の多い地域。 スクリーンの設営などハードの部分を建築学科の学生が提案して、映すソフトの内容を私が、という感じで、どんどんクロスさせて作っていきました。

恵比寿映像祭、NO MUSIC, NO LIFE ?写真展ほか

🖕 プログラム、アーティストなど詳細はをご覧ください。

14

東京都写真美術館

🤫 チケットは、1人につき1枚が発行されます。 岡村さん オフサイト展示として鈴木康広氏の作品で巨大な立体造形物が出現します。 ー構成がすごく面白いですよね。

1

恵比寿映像祭が2月8日から東京都写真美術館で開催

🌭 その多様さを可能にしたのは、「映画祭」ではなく「映像祭」とネーミングしたことにあると思うんです。 世界各地の主要美術館で展覧会を開催。

第10回恵比寿映像祭が開催!Daniel Jacobyと荒木悠のロッテルダム国際映画祭受賞作《マウンテン・プレイン・マウンテン》

😄 恵比寿映像祭は、年に一度、15日間にわたり展示、上映、ライヴ・イヴェント、トーク・セッションなどを複合的に行う映像とアートの国際フェスティヴァルです。 恵比寿の街も映像祭も堪能できます。

15