ベテルギウス の 超新星 爆発。 ベテルギウスの見つけ方|超新星爆発が近い?次に爆発する星は?

ベテルギウスの見つけ方|超新星爆発が近い?次に爆発する星は?

👎 ベテルギウスは超新星爆発を起こすと考えられている候補の中では最も地球の近距離にあるため、今後も当分の間は非常に貴重な研究対象であり続けることになるだろう。 5光年先にある星が爆発したとしても、 衝撃波による地球への被害はなさそうですね。

ベテルギウス超新星爆発のメカニズムと気になる地球が受ける影響とは?

👎 かたい岩石で覆われている地球が2センチ角なんて想像できませんね。 爆発するまでには100万年かかるかもしれない」と、カルバン大学の天文学者、はBusiness Insiderに語った。 しかし、これまで人類が観測してきた超新星爆発現象は、ベテルギウスクラスの質量を持つ天体も多く見られ、理論上でも必ず重力崩壊で超新星爆発は起きるとされています。

12

ベテルギウスに超新星爆発の前兆。爆発するとどうなる? 地球への影響は?

👍 米ビラノバ大学の報告によれば、この減光は今年10月から始まっており、12月中旬には観測史上で最も暗い状態になったという。

15

赤色超巨星ベテルギウス、超新星爆発は約10万年後と判明

💅 過去15年間のベテルギウスの明るさ(実視等級)の変化を示した図。 もあり「青い」と断言することはできないかもしれません。

3

ベテルギウスが超新星爆発する時期と危険度を新説と共に解説

📲 近いうちに超新星爆発を起こすかもしれないとされるオリオン座のベテルギウスもこれまでの観測では、赤色超巨星からの収縮が加速しつつあり球形を保つことが出来ないようで、見た目にも歪な姿をしていることが確認されています。 現在行われている夜空の調査で、10年後に赤色新星になる候補者が見つかるかもしれない。

ベテルギウスに超新星爆発の前兆。爆発するとどうなる? 地球への影響は?

😄 粒子 ガンマ線バースト ガンマ線バーストというのは放射線のひとつである、ガンマ線がごく短時間のうちに大量に放出される現象です。 ちなみにブラックホールになるにはどれくらいの密度(質量)が必要かというと、地球を2センチ角までギュッと圧縮した程度のようですよ。 赤色新星は、星の最期を目撃しようとする次善の策だといえる。

10

ベテルギウスの見つけ方|超新星爆発が近い?次に爆発する星は?

🚀 しかも、この超新星爆発というのは、3~4ヵ月ぐらい続くらしいので、鮮やかな天体ショーが長い間観測できるかもしれませんね。

19

ベテルギウス超新星爆発! 数カ月以内に2つの太陽が地球を照らす! 専門家「科学的根拠を欠いたデマ」

🤚 巨大な星が爆発する超新星は、自然界で最もすばらしい光景の1つだ。 そんな近距離にある天体が起こす超新星爆発を、人類は未だ体験したことがありません。 宇宙138億年の時間スケールからしたら10万年後は明日みたいなものだが、残念ながら今を生きる我々には目撃できない。

赤色超巨星ベテルギウス、超新星爆発は約10万年後と判明

⚛ これは「ガンマ線バースト」と呼ばれる現象で、宇宙の災害のなかでももっとも危険なもののひとつです。 もし、ベテルギウスから飛んで来るガンマ線が地球に直撃したら、我々は無事では済まないかも知れません。 アンタレスの寿命は1000万年~2000万年位と、太陽の100億年に比べてずいぶん短命なんだね。

20