西本 博嗣。 【単独】スター経営者集団「WEIN」はなぜ信頼崩壊したのか…高岡浩三氏、溝口氏が語る“対立”

【単独】スター経営者集団「WEIN」はなぜ信頼崩壊したのか…高岡浩三氏、溝口氏が語る“対立”(BUSINESS INSIDER JAPAN)

🤜 (2020年譲渡) 2018年 NKリレーションズ合同会社を吸収合併。 これらは議事録でも確認がとれています。 経営者側が創業家の説得に努めたのは言うまでもない。

11

ノーリツ西本博嗣の経歴と名言と成功術。新卒面接で「社長」宣言し就任|ネットビジネスを初心者で副業から成功させ自由を手にしたサトルのブログ

☘ FiNC Technologies(以下FiNC)創業者の溝口勇児氏が立ち上げ、本田圭佑氏、元ネスレ日本社長の高岡浩三氏といった経営者、著名な投資家らが参画する、ファンド運営・スタートアップ支援会社WEINグループが9カ月で「崩壊」したことが話題を集めている。 これを事業化するために1956年に設立した「ノーリツ光機製作所」を起源とする。 。

ノーリツ鋼機

😊 「私の意見を聞いているようで聞いていないところが散見された。 まさか、創業家側が経営の大混乱を招くような行動に出るとは考えられなかったためだ。

14

【単独】スター経営者集団「WEIN」はなぜ信頼崩壊したのか…高岡浩三氏、溝口氏が語る“対立”(BUSINESS INSIDER JAPAN)

⚑ 自分の意見を押し通そうとする。 創業まもないスタートアップにどこまでのガバナンスを求める必要があるのか、という議論はこれまでにもあった。

1

西本博嗣はノーリツ創業者の秘書として働き創業者の娘と結婚して退職。創業者が死んで妻が相続した株式の保有率が50%近かったから株主総会で役員を追放、自分が社長になっただけの人だぞ。どこがサイコパスなんだ。

☮ 会社側からは、喜田孝幸副社長ら5人の取締役を選任する議案。 この報酬からオフィス費用としてとして約70万円の賃料が支払われています。 2010年3月期にはミニラボ事業の減損もあり、売上高279億円に対して赤字206億円という巨額の赤字を計上し、全盛期には900億円ほどあった売り上げが2012年3月期には約180億円にまで落ち込むも、ノーリツ鋼機は持ちこたえ、2013年3月期に黒字化した。

20

【単独】スター経営者集団「WEIN」はなぜ信頼崩壊したのか…高岡浩三氏、溝口氏が語る“対立”(BUSINESS INSIDER JAPAN)

🤗 歯科医院向け通販事業を営む、フィード株式会社をグループに迎える。 」をミッションとして、リアルを超える体験を届ける施策を企画・実行しました。

1