コルト スナイパー xr s100h 3。 ショアジギで絶大な支持!シマノ『コルトスナイパーXR』

コルトスナイパーXR・SS・BB比較しておすすめはどれか

🤞 なぜそんなたくさんのロッドを買うことになったのか? これまでに分かったメーカー毎のロッドやリールの特徴、僕なりのタックル選びのコツなどを書きながら、今後も気になるロッド、リール、ルアーがあれば紹介したいと思います。 総合力を磨き上げた本格派ショアキャスティングシリーズ。 測定に関する専門知識はなく、 で制作した簡易な装置を使っての測定のため数値に誤差が生じる可能性があります。

4

【インプレ!】コルトスナイパーXR S100XH

😋 ブランクスには強度を高めるスパイラルXとネジリ剛性を高めるハイパワーXを搭載。

コルトスナイパーS1000XH

☢ 2020NEW 総合力を磨き上げた本格派ショアキャスティングシリーズ。 前モデルのXHよりXRのHの方が強いといった印象。 また、水深25m~35mの水圧を受けた状態であっても80g~100gのジグは使いやすく感じた。

コルトスナイパーXR・SS・BB比較しておすすめはどれか

🤪 最初はコルトスナイパーXRのXHモデルを購入しようと思っていましたが、MAX150gのジグを使う場面があまりない為、Hモデルに変更しました。 具体的に言うと、 ・ガイドが小さい 過去の実釣検証ではキャスト時のブレが少ないおかげで無風状態であればライントラブルはほとんど無かったが、無風の磯というのは滅多にない。 ・100gのジグが投げられない 地磯で一番潮が動くタイミングになるとPE2号でリーダー60lbとやや細めのラインシステムを使ってもジグは100g以上でなければ着底しないことが多い。

11

ショアジギで絶大な支持!シマノ『コルトスナイパーXR』

☯ ブレがなく狙ったポイントに的確にキャストすることが出来ます。 皆さん早々に撤退。

8

【楽天市場】シマノ シマノ SHIMANO コルトスナイパー XR S100H

👈 S100MH-3:3 PIECES MODEL 高いパフォーマンスと利便性を両立した3ピースモデル。 今回はXR、SSと同じようにかなり細分化されています。 コルトスナイパーBBもフルモデルチェンジとなりました。

11