足 手 まとい 意味。 「足手まとい」とは?意味や言い換え!例文と解釈

「手を染める」「足を洗う」の意味・由来

☎ 【足元を見る】 ひらがな:あしもとをみる 意味:他人の弱みを探すこと。 それは「しもべ」として愛をもって仕えることを意味します。

1

「手を染める」「足を洗う」の意味・由来

☏ 」もしくは「足や手に絡まる。

2

「足」「脚」「肢」

🌏 きっかけは介護現場の仕事の手順などを巡り、A氏が「一般企業ではこんな非効率なことはあり得ない」などと意見し始めたこと。 元の性格もありますが、すぐに言い訳をして逃げようとする、自分に甘い姿勢も見られます。 次の例をご覧ください。

足の慣用句

🤩 人から指摘されても、自分には自分のやり方がある、と聞き入れようとしません。 このような比喩表現の多くが、歩く・走るといった足を使った動作からや、足の形状に似たものである。

9

弟子の足を洗う

💢 計画を立てて、効率を考えながら仕事をすることができません。 関節リウマチの炎症は、全身におよびます。 その一方で、肝心の仕事は若い頃のようには覚えられない。

19

👐 御父に対する絶対的な信頼がなければとてもできないことであったと信じます。 私、 主人の足手まといにはなりたくないんです。 結果だけを見るタイプで、日頃のコミュニケーションを軽視しているのです。

3