大坂 なおみ ランキング。 大坂なおみ 世界ランキング変わらず2位。ITF大会優勝の内藤祐希はキャリアハイ更新(THE TENNIS DAILY)

大坂なおみの女子テニス世界ランキングは? 推移や過去最高順位を徹底まとめ

🔥 この金額にはATPのボーナス賞金も含まれている。 なお、大坂は現地3月31日13時(日本時間4月1日午前2時)に行なわれる準々決勝で第23シードのマリア・サッカリ(ギリシャ/25位)と対戦する。 テニスのツアー大会では記者会見を拒否すると罰金を科されるが、かねてそのルールを疑問視していた大坂は「〝会見するか、さもなくば罰金だ〟と言う統括組織は、選手の心の健康状態を無視している」と批判している。

4

大坂なおみ、ランキング1位復帰の可能性に「今回は1位にゴールを定めていない」。冷静に次戦に集中〈SMASH〉(THE DIGEST)

😊 もう誰にも止められない。 ブルーのビキニ姿を披露した。

12

大坂なおみ 今度はブルーのビキニ姿披露 16万人が「いいね!」 フォロワー「マーメイドみたい」「神」― スポニチ Sponichi Annex スポーツ

😁 準優勝のタマラ・ジダンセク(スロベニア)は13上げて80位に上昇した。

【大坂なおみ】ランキング推移・成績・コーチ・年収・スポンサー企業

💋 その他トップ10選手の変動は、世界ランク4位のアリーナ・サバレンカが3位に、6位のソフィア・ケニンが4位に、7位のビアンカ・アンドレースクが5位に、13位のカロリーナ・プリスコバが7位に、9位のイガ・シフィオンテクが8位に、12位のガルビネ・ムグルサが10位にランキングを上げ、5位のエリナ・スビトリナが6位に、10位のペトラ・クビトバが12位にランキングを下げています。 女子テニス世界ランキング2位の大坂なおみ(23)が11日、自身のインスタグラムを更新。

大坂なおみ、ランキング1位復帰の可能性に「今回は1位にゴールを定めていない」。冷静に次戦に集中〈SMASH〉(THE DIGEST)

☢ バーティは18歳までに二度、ダブルスで優勝を遂げているが、燃え尽き症候群とうつ症状に苦しみ、5年前にいったんテニスから離れた。

11

大坂なおみ、ランキング1位復帰の可能性に「今回は1位にゴールを定めていない」。冷静に次戦に集中〈SMASH〉(THE DIGEST)

🤣 世界ランキングが95位となり、初のトップ100入りを果たした。 さらに1か月後の選手権の初戦敗退後も「退席してもいい? もう泣きそう」と会見を切り上げている。

15

【全仏OP】誰も意見できず… 「会見拒否」大坂なおみの加速する“モンスター化” (2021年5月31日)

💙 先週は「WTA1000 ローマ」で、世界15位だったイガ・シフィオンテク(ポーランド)が、カロリーナ・プリスコバ(チェコ)をダブルベーグル(6-0、6-0)で下し優勝。 第1サーブ得点率は約90%と安定感を誇り、タイブレークにもつれた末のマッチポイントでは鮮やかなバックのウイナーで勝負を決めた。