紀子 さま ポーランド。 秋篠宮さま「おヒゲ」にポーランドが仰天 「無知を晒しに行ったようなもの」の声も

紀子さま友人が明かす 秋篠宮家“大批判”の真相 (1/5) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

🤜 とはいえ、比較に当たり、解決できなかった点が2つあることを先に記しておきます。 《しきりに紀子さまをお撮りになっていた秋篠宮さまが、ご自分のカメラを報道のカメラマンに渡して、「すみませんがこれで写してくれませんか」と紀子さまとお並びになる。

9

紀子さまの笑顔はなぜ女性に嫌われるのか

☭ 改元早々の華々しいご活躍、と言いたいところではあるが、逆風に晒されている秋篠宮家の海外訪問には非常に厳しい視線が注がれている。

15

秋篠宮ご夫妻、古都クラクフに=観光客らと交流も-ポーランド

⚒ この大型連休は全国各地の行楽地にも客足が戻り、新型コロナの影響も落ち着きつつある。 昨年8月のブータン王国訪問以降はこれといって国際親善的なお取り組みの話は聞きません」とも続けた。

紀子さま、民間機を利用した「逆張り」外交の意図とは|NEWSポストセブン

👍 それで、KK(小室圭)問題について大きな関心がある私は、今年6月の秋篠宮ご夫妻のポーランド・フィンランド訪問前の記者会見に注目していました。 一体紀子さまはどこに向かっておられるのか…。 ヤフコメを読む限り、キコサンの贅沢三昧・強欲傲慢ぶりは 多くの人に知られているらしい。

紀子さま、民間機を利用した「逆張り」外交の意図とは|NEWSポストセブン

💙 皇族が海外を訪問される時は、その国の銘品やハイブランドの品などが友好の証として贈られるのが通例となっているのですが、紀子さま自ら『 あら、そういえば…』とこれを催促される場面があったのです。 宮中晩餐会の翌日も秋篠宮さまはお一人で愛知県に向かわれ、紀子さまは結核予防会の式典にご臨席されるなど、かなりの過密日程だ。

紀子さま ゾウの上で赤面!新婚旅行のハプニング【秘蔵写真】 (2019年6月22日)

😅 紀子さまのご信条は『見栄えがなによりも大事』であり、今回は昨年の北欧訪問以上に衣装面に気合を入れておられるのです」(秋篠宮家関係者) 秋篠宮ご夫妻は昨年、ポーランドとフィンランドを公式訪問されたが、その際も紀子さまの衣装は大きな話題となった。

5

紀子さま、ワクワクで「訪欧準備」 仰天衣装を“ご発注”

👐 最初に参拝をしたワルシャワの無名戦士の墓所と同日午後に訪れた旧市街では,第二次世界大戦によって完全に破壊された街とその後に復元された街の様子の説明を受けましたが,実際の場所において,戦後直後の写真と対比させながら復元された現在の街を見るにつけ,改めてワルシャワが受けた被害と,これらの困難を乗り越えて,自国の伝統と文化を保ちつつ,今日の繁栄を築いてきたことへ,思いを馳せました。 紀子さまの落胆はかつてないほどだったことだろう。 日本への留学経験のある人たちもおり,ここでも日本への関心を強く持ってくれていることを有り難く思いました。

紀子さま、ワクワクで「訪欧準備」 仰天衣装を“ご発注”

❤️ この他に,ポーランドの南部にあるタトラ山地の峰を登りまして,そこでの爽やかな風や見晴らしを忘れることはできません。 皇后陛下となられた、雅子さまの方が、 よっぽど、ご公務ができていないとして、バッシングを受けていた印象ですが 最近は、風向きが変わってきて、 眞子さまの婚約騒動からは、特に、 世論は、秋篠宮家に対して厳しい目が向けられているように感じます。

20