ジョディ フォスター タクシー ドライバー。 【特別映像】ジョディ・フォスター、『タクシードライバー』撮影初日に「泣いた」

ジョディ・フォスターの「白い家の少女」

👌 初日に衣装デザイナーの前で泣いたのを覚えてる。

5

【特別映像】ジョディ・フォスター、『タクシードライバー』撮影初日に「泣いた」

🖕 にしても撮影現場で、ロのズボンを脱がせようとするシーンについてに説明している最中にへらへら笑いだし、それがしばらく収まらなかったとのこと。

16

【特別映像】ジョディ・フォスター、『タクシードライバー』撮影初日に「泣いた」

⚐ 彼女と別れ、トラヴィスがいつものように街を流していると、偶然パランタインを乗車させることに。 このとき、サービスでホルスターをもらっている。 彼女は、この作品でデ・ニーロとの共演で演技に開眼したと語っており、突然アドリブを入れるなど、子役として活躍してきたフォスターには刺激的な体験となった。

14

ジョディ・フォスターの「白い家の少女」

🙏 ロバート・デ・ニーロが主演、マーティン・スコセッシが監督を務めた『タクシードライバー』の日本公開40周年を記念して、12月7日にリリースされる『タクシードライバー 40周年アニバーサリー・エディション【初回生産限定】』より、特典映像の一部が公開された。 集まったファンの前で撮影当時の様子や製作秘話を語るQ&Aセッションが行われた。

14

公開40周年!スコセッシ監督&デ・ニーロが世界を驚嘆させた『タクシードライバー』アニバーサリー予告!

☯ この役を受けるにあたり「友だちにからかわれる心配はなかったか?」という質問には、「ホットパンツに大きな帽子とサングラス。

11

【特別映像】ジョディ・フォスター、『タクシードライバー』撮影初日に「泣いた」

😉 過日、ニューヨークで開催されたトライベッカ映画祭では、40周年を記念してスコセッシ監督、主演のデ・ニーロ、ジョディ・フォスター、シビル・シェパード、ハーベイ・カイテル、製作のマイケル・フィリップス、脚本のポール・シュレイダーが再集結。

2

タクシードライバー (1976年の映画)

😒 時の流れのくだした判定を見るとき、やはり「白い家」で衝撃を受けたジョディの才能は、生半可なものではなかったのだと納得する。 そんなある日、次期大統領候補チャールズ・パランタイン上院議員の選挙事務所で見掛けた女性に一目惚れしてしまったトラヴィス。 でもそれは当時の時代背景を理解していて、その時代だったからこそだと思います。

13

映画『タクシードライバー』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も【スコセッシ×デニーロ代表作】

👇 なぜ監督のマーティン・スコセッシと脚本のポール・シュレイダーはトラヴィスは一介のタクシー・ドライバーという設定にしたのでしょうか? そして、なぜ『タクシー・ドライバー』というタイトルにしたのでしょうか? それはありふれたものだから。 タクシードライバーは孤独である表現としては納得できます。