č˛žæ“å¸¯ã€‚ č˛žæ“å¸¯

čŒãˆãŸäŊ“験čĢ‡ <åĻģãĢč˛žæ“å¸¯ã‚’į€ã‘られたæ—Ĩは>

🤝 čŖ…į€ä¸­ã¯æŽ’å°ŋãĢåˆļ限を受けるとともãĢ、厌全ãĒ勃čĩˇã‚‚不可čƒŊãĢãĒることもč˛Ŧã‚å…ˇã¨ã—ãĻぎ抟čƒŊãŽã˛ã¨ã¤ã§ã‚ã‚‹ã€‚ åĻģはå¤Ģぎį§ãĢ、もãŖともčĻ‹ã‚‰ã‚ŒãŸãį„Ąã„、醜く、æˇĢらでį ´åģ‰æĨãĒ [ã‚ąãƒĸノ] ぎį—´æ…‹ãĢ æĨいり、åĢŒæ‚Ēã—éƒ¨åą‹ãŽéš…ãĢ逃げčžŧãŋ、å¤Ģぎį§ãĢåˆã‚ã™éĄ”ãŒį„Ąã„と小さくãĒãŖãĻ æŗŖき崊れるぎでした。 「おうīŧŸãƒģãƒģåĨŗæˆŋぎあたしãĢこんãĒäē‹ã‚’されãĻ、あãĒたうれしいぎīŧŸã€ 「はい、いいãƒŧ į´ æ•ĩです。

5

čŒãˆãŸäŊ“験čĢ‡ <åĻģãĢč˛žæ“å¸¯ã‚’į€ã‘られたæ—Ĩは>

💙 おんãĒãĢæŋ€ã—くã‚ģック゚をすると、こんãĒãĩうãĢãĒるぎでしょうかīŧŸ それをčĻ‹ãĻ、į§ã¯įĩļ望感ãĢčĨ˛ã‚ã‚Œãžã™ã€‚ 垌でåĻģãŒč¨€ã†ãĢは、į§ãŒå‡ēãĻ行ãŖた垌、åĻģぎįœŸį č˛ãĢバイブをįĒãåˆēしãĻ 感じさせãĒがら、 [F] はåĻģぎã‚ĸナãƒĢãĢロãƒŧã‚ˇãƒ§ãƒŗã‚’åĄ—ã‚Šã“ãŋぞした。 æœŦåŊ“はåĨŗįŽ‹æ§˜ãŽį´ æ•ĩãĒ、įœŸį č˛ãĢå…Ĩれたいぎです。

10

čŒãˆãŸäŊ“験čĢ‡ <åĻģãĢč˛žæ“å¸¯ã‚’į€ã‘られたæ—Ĩは>

😉 そしãĻもう垌æˆģりぎ å‡ēæĨãĒいãŖãĻ思うぎが、 子厎ぎ中ãĢį›´æŽĨ 射į˛žã•ã‚ŒãŸįžŦ間ãĒんだわãƒŧ。 おそらくį§ãŽį›Žã¯ã€ã„ã‚„ã‚‰ã—ãčĄ€čĩ°ãŖãĻいたぎかもįŸĨれぞせん。 「あãƒŧあãĒた、į§ã€ã‚ãĒたをもãŖといじめたいīŧ そしãĻもãŖともãŖとåĢ‰åĻŦさせたいぎ、 あãƒŧãƒŧあãĒたãĢ愛されãĻいるãŖãĻ原感したいぎよīŧã€ åŋƒãŽä¸­ã‹ã‚‰æžã‚Šå‡ēすようãĢ、åĻģがį§ãĢ言ãŖãĻくれぞす。

č˛žæ“å¸¯

👈 えãƒŧはずかしいãĒãƒŧ うん、あん、いãƒŧ č¨€ã†ã‚ãƒŧ č¨€ã†ã‚ãƒŧãƒŧ」 åĻģは、įŠēいãĻいる手でį§ãŽé ­ã‚’つかむと、į§ãŽéĄ”を、åŧˇãįœŸį č˛ã“すりäģ˜ã‘ぞす。 įĩåŠšã—ãĻīŧ–åš´į›Žã§ã™ãŒã€äģŠã§ã‚‚新劚ぎようãĢ äēēがうらやむ様ãĒį†ąã€…ぎå¤ĢåŠĻです。

18

č˛žæ“å¸¯

😒 あãĒたãĢ捨ãĻられたらīŧŸ あãĒたとぎįš‹ãŒã‚ŠãŒåˆ‡ã‚ŒãŸã‚‰īŧŸ そぎ斚がį§ã€æ­ģãŦより怖いんです」 ãã†č¨€ãŖãĻæŗŖくåĻģをčĻ‹ãĻいたら、į§ã¯ã‚‚うたぞらãĒくãĒりぞした。

6

č˛žæ“å¸¯

👋 [F] ã¯ãŠé‡‘æŒãĄãŽæŦĄį”ˇåŠã‚‰ã—く、į§ãŸãĄã¨åŒåš´éŊĸãĒぎãĢ、čĻĒãĢ一戸åģēãĻぎåŽļを åģēãĻãĻ貰ãŖãĻいãĻ、ろくãĢäģ•äē‹ã‚‚せずãĢ遊んで暎らしãĻおりぞした。 因ãŋãĢ、į˛žå¯†ãĢæŽĄå¯¸ã•ã‚ŒãŸč˛žæ“å¸¯ã¯åŽŒå…¨ãĢäŊ“ãĢ密į€ã—、わきから指先をå…Ĩれることすら困é›Ŗである。 そうしãĻ再ãŗåĻģãĢč˛žæ“å¸¯ã‚’ã¤ã‘ã‚‰ã‚Œã‚‹ãŽã§ã—ãŸã€‚

17

čŒãˆãŸäŊ“験čĢ‡ <åĻģãĢč˛žæ“å¸¯ã‚’į€ã‘られたæ—Ĩは>

😘 ãĒお、äģ–者ãĢį„Ąį†įŸĸį†čŖ…į€ã•ã›ã‚‹ãŽã¯įŠ¯įŊĒ行į‚ēãĢåŊ“たる。 [Y] ãĢたおりį€ãå‰ãĢåĻģは、[ã‚ąãƒĸノ] ぎã‚ģック゚を教えčžŧぞれた、最初ぎ不å€Ģį›¸æ‰‹ã‚’ åĢめãĻ、īŧ–äēēぎį”ˇãĢæŠąã‹ã‚ŒãĻおりぞす。 č¨€ã‚ã‚Œã‚‹ãžãžãĢč‹Ĩいį”ˇã¯ã€åžŒã‚ã‹ã‚‰åĻģぎį´°ã„čēĢäŊ“ã‚’æŠąãã—ã‚ã€äšŗæˆŋをæŋ€ã—く愛æ’Ģしぞす。

12

č˛žæ“å¸¯

🤟 ãŠéĄ˜ã„ã„ãŸã—ãžã™ã€ã¨åēŠãĢ頭をこすりäģ˜ã‘るぎでした。

8

č˛žæ“å¸¯

🤑 ãã‚Œã‚’č€ƒãˆã‚‹ã¨ [Y] は、åĻģぎ「お遊ãŗ」īŧˆåĻģãŽč¨€č‘‰īŧ‰ãĢは打ãŖãĻäģ˜ã‘ãĒぎかも しれぞせんが、į§ãĢは、åĻģがだんだんと、あぎį”ˇãĢéĻ´æŸ“ã‚“ã§čĄŒãæ§˜ã§čž›ã„ãŽã§ã™ã€‚ だからお前ぎäē‹ãŒč¨ąã›ãĒãŖかãŖたんだ。

9