紙谷 聡。 はたして新型コロナワクチンはくも膜下出血の原因なのか?(紙谷聡)

紙谷聡英先生

🤣 実は、安全面において皮下注射の方がよりリスクが高いワクチンもあります。 しかし、ワクチン接種が多い小児科の分野では、実はこうした筋肉注射への理解や知識を深めようとする動きはすでに以前から行われており、 日本小児科学会では小児に対するワクチンの筋肉内接種法の詳細について医師向けに解説をしています 6。

見逃されがちな「ワクチンを打たないリスク」

🙄 その判断に必要なワクチンの効果(第36回参照)とリスクについて、紙谷先生にわかりやすく解説していただきました。 ただ、ワクチンを打たないことでいつか感染をしてしまうというリスクが付きまとうということも考慮してもよいでしょう。 新型コロナのワクチンだけが特別なわけではありません。

見逃されがちな「ワクチンを打たないリスク」

🖐 インフルエンザワクチン(100万人あたり1. 9,234• " Hepatology 2020 71: 1437—1452. たしかにそういった風潮が一部あるように感じます。 医療行政でも、極端に失点を恐れて、結局、最大多数の最大幸福のチャンスが見過ごされてしまう。 3人)に比べれば、やや頻度が高いといえます。

4

新型コロナワクチンはなぜ筋肉注射なのか?(紙谷聡)

👌 すなわち、ワーファリンなどの血をさらさらにするお薬を飲んでいらっしゃる方や、もともと血が止まりにくい病気をお持ちの方は、新型コロナワクチンの筋肉注射をする前に必ず医師や看護師に伝えて、通常より細めの針を使用したり、接種後に少なくとも2分ほど接種部位を圧迫するなどの処置が血種の予防として重要となります。

14

新型コロナワクチンはなぜ筋肉注射なのか?(紙谷聡)

💖 筆者:ヒューモニー 外部サイト. その要因のひとつは、国・行政、あるいはわれわれ医師・専門家の情報発信が少なかったり、わかりにくかったりすることにあるでしょう。 mRNAワクチンは「かなり安全」 讃井 日本で接種が予定されているワクチンについて、深刻な副反応はない、副反応の頻度も少ないという報告があります。

KAKEN — 研究者をさがす

⚔ これは科学的には誠実な見解であっても、一般の方からすればはっきりしないあいまいなものに聞こえてしまいます。

見逃されがちな「ワクチンを打たないリスク」(2021年2月10日)|BIGLOBEニュース

🙏 以下の表は、新型コロナワクチンに対して血管系の異常の副反応がでるのか否かを米国疾病予防管理センター(CDC)がモニタリングしているデータであり、くも膜下出血も含めています。

9

研究成果(紙谷聡英)

🤪 こうしたデータは毎週更新されており、今後ワクチン接種が進むにつれてこうした数字は変わっていきますので、今後も注視する必要がありますが、 ひとまずは安心できるといってよいかと思います。

12

見逃されがちな「ワクチンを打たないリスク」

🤑 1月 20, 2016• そのような「鈍感」な筋肉に、とてもほそーい針をほんの数秒間ほどチクっと注射しても、鈍感なので皮下よりも痛みを感じにくいようです。 ただ、昔から慣習的に行っていることを急に変えるという事に躊躇する気持ちや不安になる気持ちもよくわかります。

4