気骨 が 折れる。 気骨の読み方と意味、「きこつ」と「きぼね」正しいのは?

気骨の読み方と意味、「きこつ」と「きぼね」正しいのは?

☘ 一方、「気骨」(きぼね)と読んだ場合の意味は、「気苦労」「心配」の意味です。 「恥骨が折れる」という言葉は辞書にも載っていませんし、広く使われている言葉ではなく、「気骨が折れる」を間違えて使っている可能性が高いです。

気骨の読み方と意味、「きこつ」と「きぼね」正しいのは?

📲 「気骨」の読み 「気骨」を「きこつ」と読むと、「信念を守りぬく強い意気」の意となります。 「恥骨」と「気骨」は漢字は似ているものの、意味は全く異なっているので間違えないように注意しましょう。

14

【恥骨が折れる】と【気骨が折れる】の意味の違いと使い方の例文

😜 「恥骨」は骨盤を構成する骨のことを意味しており、「気骨」は心遣いや気苦労のことを意味しています。 前者の例文は「自分の信念を曲げない強い気性」の意味で、 後者の例文は「あれこれと心を遣うこと、気苦労」の意味で使用しています。

1

気骨が折れる、読みは? グッドモーニング林修【ことば検定】

⚑ たとえば『気骨』。 【気骨(きぼね)が折れる】あれこれ気を使って精神的に疲れる。

16

124 気骨が折れる|ワタナベタクヤ|note

😭 この言葉がよく使われる場面としては、「気骨が折れる」という言葉を間違えて「恥骨が折れる」と表現している時などが挙げられます。 次の章で気骨の意味と類義語について解説していきます。

12

気骨 読み方

😃 最後は、「出来」です。 ですが日本語では連濁によって後ろの語頭が清音から濁音に変わるため、 「手紙(てがみ)」「綿毛(わたげ)」と濁らせて読んでいるのです。

気骨 読み方

☣ もともと「シュツ・ライ」とそのまま音読していたものが発音変化して「シュッ・タイ」となったと考えられており、上記の例文のように「完成する」という意味の他、「珍事が出来する」のように、「事件が起きる」という意味でも使われます。

15