健康保険 電子申請。 電子申請の取扱いについて

【予告】「健康保険組合」の電子申請対応ツールの提供に関しまして(2021年5月31日再追記)

😈 ・「公的個人認証サービス」に基づく電子証明書(マイナンバーカード) ・「商業登記に基礎を置く電子認証制度」に基づく電子証明書 ・法人認証カードサービスに関わる「商業登記に基礎を置く電子認証制度」を運営する電子認証登記所が作成する電子証明書 ・地方公共団体組織認証基盤(LGPKI)が発行する職責証明 ・政府共用認証局が作成する電子証明書 ・AOSign サービスに関わる認証局が作成する電子証明書 ・TOiNX 電子入札対応認証サービスが作成する電子証明書 ・TDB 電子認証局サービス TypeA に関わる認証局が作成する電子証明書 ・e-Probatio PS2 サービスが作成する電子証明書 ・DIACERT/DIACERT-PLUS サービスに関わる電子認証局が作成する電子証明書 ・セコムパスポート for G-ID サービスが作成する電子証明書 よって、社内では、以下の対応を確認・検討が必要となります。

e

💅 マイナンバーカードの電子証明書 要 事業主以外の方がマイナンバーカードによる認証機能を使用する場合は、その方を事前に代理人として選任する必要があります。 環境が整いましたら、速やかに電子申請での届出に切り替えをお願いいたします。

20

電子申請について

✍ 提出代行証明書は。 健康保険組合の電子申請について 現在、義務化の対象となっているのは以下の3手続きです。

電子申請の取扱いについて

🙃 外部連携ツールをお待ちいただいております皆様には深くお詫び申し上げます。

健康保険組合への電子申請、義務化対象企業は早めに確認を

⚛ 電子申請の詳細については、加入している健康保険組合へお問い合わせください。

令和2年11月から健康保険組合あての電子申請がスタートしました(厚生労働省)

⚒ e-Gov外部連携APIに対応している「オフィスステーション 労務ライト」はアカウント作成やe-Gov電子申請アプリケーションのインストールなどが不要です。 1つのKPFDファイルにつき、1事業所、1種類の届出となります。

電子申請(申請・届出等の手続案内)

🙏 GビズIDを利用した申請についても、日本年金機構が無償で提供している届書作成プログラムを利用して、マイナポータルへの電子申請が行えます。 ・人事、給与システムベンダー側の改修が間に合わない ・事業所側の業務体制が整わない 該当する事業所は、健保組合に連絡をし、環境が整いしだいマイナポータルを利用した電子申請での届出に切り替えを行うことになります。

1

電子申請の取扱いについて

🌏 2020年12月末日時点のアクティブユーザー 従業員数・アカウント数登録無制限で 無料でご利用いただけます。 1つのファイルで複数の事業所や、数種類(算定と月変など) まとめての届出はご遠慮ください。 どのような手続きに対応されるのか 今回の健康保険組合向けの電子申請は、以下の申請に対応する予定です。

15

【予告】「健康保険組合」の電子申請対応ツールの提供に関しまして(2021年5月31日再追記)

🤛 健康保険 厚生年金保険 被保険者賞与支払届( ) CSVデータによる届出• 電子申請はテレワークなどにマッチした事務である他、事業主、健康保険組合双方の事務コスト軽減も期待できます。 27MB 6月1日~7月12日まで 都道府県労働局等 1. 下記の様式に必要事項を記入し、「電子申請」する際に併せて添付をお願いします。