深澤 直人。 人の無意識を導く「ふつう」の追求

±0やINFOBARのデザインで有名なプロダクトデザイナー深澤直人の作品10選

✍ 対面式キッチンが増加し、キッチンにおける冷蔵庫の存在感が増し、インテリア性を重視する家庭が増加。

15

人の無意識を導く「ふつう」の追求

⚔ 著書に『デザインの輪郭』など。 原稿執筆ではデスクトップPCに向かうが、それが億劫だと感じることも。 そして、私たちdもここ最近「サステナブル」という言葉が気になり始めます。

2

深澤直人

✆ アーバンエース HF(2021年) 雑誌連載 [ ]• 「無印良品のコンセプトが登場したのは、日本社会が高度経済成長を遂げ、人々が物質的な豊かさを謳歌していた時代です。 東京都世田谷区• インフォバーは、その読みがうまく当たりました。

7

プロダクトデザイナー深澤直人が語る、15年間愛されてきた「INFOBAR(インフォバー)」の進化とデザイン

😚 2019|ITSUMO ALESSI Photo: Matteo Imbriani• - IDEO Japanを設立し日本支社長に就任• このの延長上にがあるのだ、 少なくとも「何もないところのをそのままパクってきた」とは言えないのではないか。 そして、ジャスパー・モリソンさんとの「スーパーノーマル」展(2006年) や、1997年から始められたデザインワークショップと展覧会 などでも「ふつう」という考え方は発展していきます。

アクタスと深澤直人とマルニ木工がつくった、「MEGURO」という名のラウンジチェア

😙 「愛情がこもり、形も可愛い。 そういうデザインをすることに気持ちがシラけてしまって」. 近年では「THE OUTLINE 見えていない輪郭」写真家 藤井 保氏との展覧会を開催、同タイトル書籍を出版 アシェット婦人画報社。

15

人の無意識を導く「ふつう」の追求

⌛ MODIFYはモダンから和空間まであらゆるインテリアに対応します 長期にわたり、自然に受け継がれてきた「球」「半球」「円錐台」のかたち。

9

±0やINFOBARのデザインで有名なプロダクトデザイナー深澤直人の作品10選

👌 ふつうって、ロングライフデザインのことでもある。 日用品• 最もインフォバーらしいインフォバーを、現在の技術でやってみようと。

12