年の功 ことわざ。 【亀の甲より年の功】の意味と使い方の例文(語源・類義語・対義語・英語訳)

「亀の甲より年の功」とは?意味や使い方を解説!

✊ Experience is the best teacher. 代表的なものをいくつか紹介しましょう。

14

亀の甲より年の功の意味・由来・例文・類語!なぜ亀の甲と比べる?

🌭 「年の功」は元々「年の劫」と書いていたのですが、「劫」とは、仏教が説く時間の中で最も長い概念を意味します。 円熟した夫婦は、 亀の甲より年の功で、どうすれば夫婦がケンカをせずに仲良くやっていけるか熟知しているものだから、いろいろ聞いてみたら良いだろう。 具体的な会話例 Aさん 「また今年の資格試験も不合格だったよ。

10

ことわざ・亀の甲より年の劫

🚀 桃栗三年柿八年 女房の不作は六十年 亭主の不作はこれまた一生 あるいは、『亭主を亡くした女性が悲しみに暮れているのはほんのわずかな期間で、すぐにまた新しい亭主を見つけるものだ』ということを揶揄する、次のような言葉もあります。 桃栗三年柿八年というくらい、よい成果を上げるにはそれなりの時間が必要だから、根気よく頑張ってね」. 【注釈】 亀は万年生きると言われており、それに比べれば人生の八十年程度は短く感じるとしても、年長者の経験から身につけた知恵や技術は貴ぶべきだという意味。

ことわざ「桃栗三年柿八年」には続きがあるって知ってた?|@DIME アットダイム

😅 しかし、その時は年長者の言っていることの意味が分からなくても、後になって、「あの時、言われたことは本当に正しかった」と実感することは非常に多いものです。 なぜ、亀の甲羅と比較するのか考えてみましたが、 亀が長生きする動物であるので尊重されている為と、また、これは、音吉の勝手な思いつきですが、亀の甲羅は、亀卜(きぼく)という占いに用いられるので、 その占いより、年の功のほうが、大切であることを言ったのではないかと思います。

9

ことわざ「桃栗三年柿八年」その続きがあるのを知っていますか?

😆 そして「ことわざ」自体も、この先もずっと受け継がれていくとうれしいです。

18

ことわざ「桃栗三年柿八年」には続きがあるって知ってた?|@DIME アットダイム

👆 話をしている相手との関係性をよく考えて、使うか使わないかの判断をしてみてください。