ロビン フッター。 米国で大躍進する素人「ロビンフッダー」に対し苦戦する著名投資家…コロナ禍と株式ポピュリズムで金融はどう変わるのか?

新型コロナ相場を押し上げてきた犯人がわかった!買っていたのは「ロビンフッター」とまさかの日本企業。急落は目前か?

📞 それがどんどん続き、値段がストライクプライスに近づいていくると、より大量の株をヘッジ買いしなければならず、価格がさらに急騰すると、 ショートしているメルビンキャピタルにもマージンコールがかかり、買い戻さざるを得なくなった、というわけです。 彼らの投資判断に大きな影響を与えているのが、SNSのレディット(Reddit)、その中の人気フォーラム(掲示板)「ウォールストリートベッツ(WallStreetBets)」である。 同社の株価を押し上げたのは、証券アプリ・ロビンフッドの利用者「ロビンフッター」に代表される、素人の個人投資家達だ。

14

ロビンフッダーがヘッジファンドを締め上げた!? バブル修正の時、為替も動き出す|元ゴールドマン・サックス 志摩力男の「マーケットの常識を疑え!」

☘ 日本、アメリカ共に若年層に人気がある米国株ですが、NYダウの平均株価は30年で約10倍と市場も成長を続けています。 今回はそのRobinhoodやそれを利用するロビンフッター達の状況を整理して、どれ位米国株に影響を与えてるいるか、どんな現象が起きてるかを一度まとめておきたいと思います。

20

投資ブログ紹介!ロビンフッター恐るべし!?:投資信託

⚑ ロビンフッダーたちは、米SNSであるredditの中の掲示板「wallstreetbets」に集い、意見交換しています。 2020年09月10日. 高リスク・高リターンである米国株のおすすめの投資方法もお伝えしていきます。 【未曾有の買い場に備える】IG証券は30万円ぐらいの資金で大きく勝負したい人にもオススメの会社! 2月は1年でもっともパフォーマンスの悪い月として知られていますが、歴史を振り返れば大暴落は絶好の買いのチャンスと証明されていますので、しっかりと準備を整えておきましょう。

4

ヘッジファンドに敵対し暴走する米個人投資家(NRI研究員の時事解説)

🤟 目下、猛烈な台風が日本列島に接近しています。 新型コロナの感染が拡大した春以降に約3ヶ月で約300万人の新規利用者数を獲得、コロナ禍で家にいる時間を利用して投資を始める若者を中心に支持を拡大し、 ユーザー数は1000万人を超えました。

3

投資ブログ紹介!ロビンフッター恐るべし!?:投資信託

✔ なお、残念ながら日本で利用できるという情報は確認できていません。 だが、そのルネッサンスの主力ファンドの一つが、今年前半だけで20%の損失を被っている。

【米国株】ロビンフッドが大暴れ!投機銘柄が人気の理由!

☝ 米国のトランプ政権の場合はさらに顕著だ。 株式投資の素人に過度にリスクをとった投資を促すことで、意図しない大きな損失を生じさせる、という社会的問題をもたらす可能性などが懸念される。

10

ロビンフッター族の影響で持ち銘柄が暴騰した話

🖕 「ロビンフッダー」が次第に儲からなくなる可能性も また、リベートと交換でロビンフッドから個人投資家の注文を受け、その情報を得ているHFT業者は、それをHFTのアルゴリズムの精度向上に日々活用していると見られる。 だが、今では株式市場と政権評価の関係はもっと直接的なものとなっている。 受け渡された注文量が多ければ多いほど、ロビンフッドに流れるリベートも多くなります。

7